So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

IDOMENEO - MET HD LIVE [Music]

649x486_idomeneo_setting1.jpg


トロイア戦争後のクレタ島を舞台にしたモーツァルト作曲オペラ「Idomeneo」。24歳で書かれたというのだからやっぱり彼は天才! 躍動感溢れる序曲を巧みに操るのは巨匠James Levine。

クレタの王Idomeneoは難破船から海岸にたどり着き、生き残ることができたら海岸で最初に会った者を海神ネプチューンへ生贄として捧げると誓う。遠くから近づいてきた若者は何と息子のIdamanteだった...

トロイアの王女Iliaは捕虜の身。Idamanteは彼女に愛を告げるが、彼に想いを寄せているElettraは彼を奪われぬようにと嫉妬に狂う。Elettra役のElza van den Heeverのコントロールされた美しい声と表現力は素晴らしかったです。
54953-idomeneo-elza-van-den-heever-c-marty-sohl-met-opera-resized.jpg


息子の命を守るために、彼を追放し、別の生贄を捧げるように企むIdomeno.そうとも知らない息子のIdomandeはどうして自分が遠ざけられるのかと悩む。父親であり王であるIdomeneoの歌声は深く心に響きます。
08IDEOMENOJP3-master675.jpg


METHD Liveの見どころは幕間の歌手達へのインタビュー。彼等の云う通り、モーツァルトのオペラは音楽の美しさだけでなく、心理劇要素が多く含まれるので演ずるのも感情的になると。
時にオペラは不可解な話の展開も多いけれど、この作品はあらすじを読まなくとも歌詞が全てを物語っているので理解しやすいです。

最期はハッピーエンドとなるのか? 決死の場面、思わず神に祈ってしまいました。

Mozart "IDOMENEO"
Conductor: James Levine
Idomeno: Matthew Polenzani
Idamante: Alice Coote
Ilia: Nadine Sierra
Elettra: Elza van den Heever

Pray for London [Thoughts]

P1030993.JPG


観光客が溢れるWestminster橋で起こったロンドン襲撃事件。巻き込まれた普通の人々、そしてご家族の方々にお悔やみ申し上げます。

TVニュースで映された事件後に偶然通りかかった人々の恐怖に満ちた反応に何ともいたたまれない気分になってしまいました。

アメリカから結婚25周年記念に訪れたカップルの男性が犠牲となりました。記念旅行が惨事になるとは誰も想像しなかったことでしょう。テロによる無差別殺人は全く理解し難い思想。心を強くし、テロに屈せずに、そしてロンドンだけでなくどこの都市でも起こりうるということを忘れずに。

昨年の8月、私も同じ場所を歩いていたのです。

Inspired message [Not a bad day]

DSC_0953.JPG


仕事の日の朝は1杯のコーヒーから始めるのが習慣だけれど、今日は気分を変えてカフェインレス。
その名もYogi tea. お気に入りはChai Rooibos tea.スパイスはやっぱり人生に欠かせません 笑。

1つ1つのティーバックのタグのメッセージがこれまた一味あるのです。
DSC_0954.JPG


May this day be the day to lead us to peace, to happiness and to joy.

今日という日は私達を平和、幸福、そして喜びに導く日なのです。

むむむ、朝から深いわ~。

Be present [Body & Mind]

DSC_0960.JPG


毎月お得なディールを発信するサイトで集客し、隙間が殆どない位にヨガマットを敷き詰めた大人数ヨガクラスに通うこと約1年。インストラクターの個性を楽しみ、時間帯によっては少人数でじっくりと自分と向き合うことができたり、と学ぶことも多かったけれど如何せん遠い。 涙。
メンバー期限が切れたのを機に、以前お試しで通ったヨガスタジオに再度出向きました。

Power Yogaクラスのインストラクターは「今日はとにかく時間をかけてゆっくりとポーズを取っていくからね」と皆に指示。
4カウントを数えながら息を吸い両手を挙げ、4カウントしながら息を吐き、4カウントしながら次のポーズへ...

Power Yogaというと、数多くのポーズを次から次へとこなしていくクラスも多い中、今日は違う。
体が呼吸と共にポーズにつながって反応していくのが良く分かる。1つ1つをじっくりと丁寧に。これがまたキツイ。けれどこれこそ自分が求めていたもの。

レッスンの最後に「日々の生活はいつも明日の予定、来月の約束、ミーティング、アポイント等々先のことばかりに追われているけれど、今という時間を過ごしてください。ヨガの練習を続けることの意義なのです」

Be present. 

見上げた空には開花を待つ桜のつぼみ。

Om...

And Americano [Food & wine]

DSC_0955.JPG


この店で初めてのAmericanoを注文したのは数年前。ダウンタウンとは一味違うローカルな人々でにぎわう一角に心弾ませて歩いたのも懐かしい。日本と比べると田舎町だけれど、そこがまた良いのです。

そして期待を裏切らない味にニンマリと微笑みが広がる。場所を移転して席も拡張。ビートの効いたBGMは聞かずに自分の音楽をヘッドフォンで楽しむ世代の多い店なのです。

DSC_0956.JPG


49th Parallel
2198 W. 4th Ave.

Old is Gold [Entertainment]

DSC_0950.JPG


Engelbert Humperdickのチケットが手に入ったから! と友人に誘われて出かけたコンサート。場所はカジノ内の劇場。

DSC_0951.JPG


名前を聞いたこともない歌手だけれど、60年代、70年代のヒットを飾った人気歌手だそうで。ダーリンを含む友人達は力を込めて彼のヒット曲の素晴らしさを語ります。

ダンサー&コーラスグループを含むバンドの演奏に合わせてEngelbertが登場。御年80歳とは思えないパワフルな歌声とウィットの効いた動きにプロの誇りを感じます。
「今日は風邪をひいてしまって声がいまひとつです」と観客に説明。
「それでも風邪声のほうがよかった、なんて言わないで下さいね」とジョークも忘れずに。
「今年は歌手生活50周年! 50年だよ! 信じられる?」と元気な彼。

2曲目、3曲目と進むうちに調子が良くなってきたようでジャケットを脱いで真っ赤なシャツを露わに。昔の女性ファン達(今はシニアね)がWowと大騒ぎ。ステージとの一体感も高まります。

The Last Waltz, Release Me と懐かしのメロディが続きます。日本語でも昔に歌われていましたね。「50年も歌っているんだよね、コレ」と笑いを取るエンタメぶりは流石。アンコールでは新曲も混ぜて体調の悪さも吹き飛ばしてしまうように歌いこなした1時間30分。最期は真っ赤なバスローブを着せられて「もう歌えないよ」のジェスチャーでステージを後にしました。

小ホールならではのくつろぎ感を楽しんだ一時。スマートフォンでの撮影、録画をする人々は絶えなかったけれど、そういう時代になってしまったのですね。

Happy International Women's Day [Others]

2792.jpg

International Women's Day. 男女同権、同賃金等をテーマに世界各地でイベントが行われる日。今年のテーマはWomen in the Changing World of Work- 女性を活用した経済活性化を目指すというもの。
移民の多いバンクーバーでは男女同権よりも人種やカルチャー、そして歴史的に差別を受けてきたFirst nations (先住民)の女性達の立場を整えるべきでしょう。

カナダ首相夫人が先日SNSに発表したコメント。
This week, as we mark International Women's Day, let's celebrate the boys and men in our lives who encourage us to be who we truly are, who treat girls & women with respect, and who aren't afraid to speak up in front of others

今週のInternational Women's Dayに向けて、私達を勇気づけてくれる男性達を祝福しましょう。手をつないで共に声明を発表していきましょう。
17155921_1803017733284500_3279762465716205968_n.jpg

これに賛同するか反論するか、アナタのコメントは? 
共に声明を、というより見つめ合う2人、絵になるのよね、彼等。

Natural power [Beauty]

DSC_0442.JPG


1921年スイスで発祥したWeleda社。その製品はオーガニック産にこだわり自然の力で体を優しく癒していくのです。私のお気に入りはボディオイル。ヨガの後のお疲れ筋肉を和らげるにはArnica Massage Oilが欠かせません。スッキリとした優しい香りがよいのです。

この冬出会ったのはSkin Food cream。こんなに濃いクリームって! と最初は驚いたけれど効果抜群。カナダの乾燥した日々に大活躍。僅かな量を手のひらにとって伸ばしていくのも心地よいのです。

そしてもう1つはEvening Primrose Age Revitalizing Body Oil。オバちゃんの肌に優しいボディオイル。緑の草原に寝ころんだような香りが何とも言えません。Evening Primroseとは月見草のこと。とても滑らかなオイルなのでじんわりと肌に染み込んでいく感じがとても気持ち良いのです。

マッサージに通うよりも毎日数分、自分でできる楽しみ。Love your body!

Aruko arukou [Not a bad day]

DSC_0929.JPG


昨日の雪もすっかり溶けた仕事からの帰り道、どこかで聞いたことのあるメロディーが流れてきました。
バンクーバーの街角で時折見かけるミュージシャン達。ただひたすら太鼓を叩いているだけの人、カラオケを流しながらジャズ・ボーカルを楽しんでいるシニア女性、美味しい所だけサックスのメロディを吹き、後は楽しそうにステップを踏む男性、とレベルも楽器も様々。

今日の出会いはサックス吹き。「超入門サックス教本」を見ながら吹いているということは日本人! そうだ、この曲はとなりのトトロの「さんぽ」。かなりたどたどしい吹き方も哀愁をそそります 笑。

歩こう、歩こう、私は元気~♪

何だか元気な足取りになってスカイトレイン駅に向かいました。 日本の吹奏楽団で練習を続けている友人達に「楽器を持ってバンクーバーにおいで」と誘おうかな。

Snow... again and again... [Vancouver Life]

DSC_0943.JPG


明るく、眩しすぎるほどの青空だった土曜日の写真を撮り忘れて目覚めた日曜日。

...またもや雪。 

今日のミサはアダムとイブの話。「それはそれは美しい楽園でした。悩みもなし、汚いものもなし、雪もなし」ここでドッと受けましたよ、雪道をかきわけながら教会にたどり着いた私達。

春はまだまだ遠いなぁ。
前の10件 | -