So-net無料ブログ作成
検索選択

Till it happens to you [Entertainment]

landscape-1456768206-elle-gaga-index.jpg


第88回アカデミー賞授賞式は最優秀男優、女優ノミネートに黒人が1人も上がっていないことからSpike Lee監督を始め数名の俳優が参加をボイコットするという波乱の幕開け。司会者のChris Rockは黒人コメディアン。会場にいるほんの数名の黒人をネタに痛烈な人種差別ギャグを飛ばしていました。

会場全員が総立ちになるほどの感動を引き起こしたのはLady GagaのTill it happens to youの演奏。米国副大統領のJoe Bidenの紹介によりピアノを弾き始めた彼女。暗闇のステージに生える白い衣装とピアノが歌の純粋さと力強さを物語っているようです。

lady-gaga-02-800.jpg


大学キャンパス内で起こった性的暴行事件ドキュメンタリー映画「The Hunting Ground」の挿入歌であるTill it happens. Lady Gagaの静かでそして力強い歌に合わせ、腕にメッセージを印した被害者達がステージに登場。

華麗なドレスやスピーチをかき消してしまうほどの圧倒的存在感。以前は生肉ドレスを着ている彼女に違和感を覚えていたけれど、豊かな歌声、男装もこなしてしまう柔軟なパフォーマンスはまさにステージパフォーマーの彼女ならでは。彼女自身も19歳の時にレイプの被害者だったのです。

Till it happens to you, you won't know how I feel

The Wheel of Healing with Ayurveda [Books]

22928929.jpg


5000年以上にわたりインドに伝わる医学アーユルベーダ。体のバランスを崩すと人間は病に伏せるという視点から、1人1人の体に見合った治療をしていくというもの。

様々な文献が出ているけれど、専門医師ではないので読みやすさも大切。この本はアーユルベーダだけでなく健康とは、肉体的、精神的、更に仕事、金銭、恋愛等全ての人生にかかわるバランスを保つにはのヒントが書かれている。

「健康な生活を送ることができない言い訳」という項で
時間がない
お金がない
僻地に住んでいるのでオーガニック材料が買えない
仕事が忙しすぎて疲れてエキソサイズができない
等々、それぞれの事情があるけれど、「お金がない」人には薬や治療費にかかる分を食材に使えばよいと提案。ところが簡単に手に入る食材とオーガニック食材の価格比較まではしていない。ちなみに我が家近辺のファーマーズ・マーケットとスーパーストアの野菜値段比は倍額以上。これは安易に買い換えることはかなり難しい。

更に「子供以外の家族の食事の責任者はアナタではない。アナタ自身の食事の責任をとるべき」
という一文で、すっかり読む気が失せてしまった。

与えられた食事を食べる家族に対して、作る人に責任がないとはアメリカ的個人主義発想でしょう。
確かに健康は自分自身が気づいて暮らしていくことだけれど、家族のサポートもとても大切だと思うから。

ちょっとがっかりのアーユルベーダ本でした。

Apple crostata [Food & wine]

DSC_0317.JPG


以前とあるカフェで出会ったApple Crostata。その素朴な味に大感激したので再現を試みてみました。
冷凍パイシートを使い、スライスしたリンゴにレモンジュース、砂糖、バター、シナモンを混ぜ、パイ生地の中央に置いて焼くだけ。

カナダやアメリカのレシピは砂糖たっぷりなので、半量位でも十分楽しめます。おいしそうな焼き上がりに早速一口。なかなかイケます。次回は生地も手作りしてみようかな♪

Early spring [Vancouver Life]

009.JPG


この数日、青空が広がり気温も上がってきたと思っていたら既に桜も咲き始めているバンクーバー。
春もそこまで近づいてきているのです。

東海岸は大雪の箇所もあるカナダ、西海岸は雪もなく穏やかな冬でした。そうこうしているうちに2月も終盤。店先には明るい色のチューリップも並び始めましたよ。

012.JPG


鮮やかなオレンジに元気をもらって♪

For relax time [Others]

020.JPG


晴れ上がった青空に誘われて、先日訪れた友人宅の素敵な陶器が気になって早速お店に出かけてみました。何と今週末までセール中 Pick me!と言っている豊富な種類の陶器たちに迷いつつ、お店の人にティーポットが欲しいと言うと、夫々のシリーズを詳しく説明してくれました。大きさ、形だけでなく、食器には重さ、持ちやすさもとても重要。彼女は私の好みを察したのかシンプルなホワイトの品をレジに確保。色々と眺めた結果、やっぱり彼女お勧めの品に。クリーマーとシュガーポットは別シリーズの品だけれど、組み合わせも自然で良い感じ。
026.JPG


眺めているだけで幸せな気分になってきました。これをきっかけにカップも揃えたくなってきました。
おっと、その前にお茶を買わないと。笑

Long time no see [Others]

DSC_0298.JPG


彼女との出会いはブログから。郊外に引っ越したという連絡があったのは1年前。その後疎通になり、久しぶりに彼女から届いたメールはベビィが生まれたとう嬉しい知らせ。嬉しい便りに誘われて彼女に会いに出かけました。

ダウンタウン郊外の我が家よりバスに乗ること約50分。旦那さまとベビーと共にバスストップで待っていてくれました。すっきりと整った彼女の家に入り、家は人が作る空間なんだな、としみじみ体感。ベビィがいても彼女のこだわりが壊されていないのが素晴らしい。

おもてなしのテーブルは彼女が大切にしている食器からも伝わってきます。

そしてお料理も。カレー盛り合わせの我が家とは大違いなお洒落さ。焼きリンゴのサラダ。
DSC_0299.JPG


ピンクのソースに包まれたニョッキ。正体はビートルートとキャロット。優しい甘味が広がります。
DSC_0300.JPG


Yo-yo maのチェロの響きをBGMにゆっくりと食事をしていると、次に出されたのはホロホロと崩れるほどに煮込まれた牛肉のトマトソース煮込み。ニョッキで既に大満足してしまった私、うっかり写真を撮り忘れてしまいました。更に旦那様こだわりのエスプレッソ、手作りのフルーツケーキ、とレストラン並みの時間が続いたのに。

「お給料が入ってから毎月1つずつ買い足していったんです」とシリーズの食器を眺めながら嬉しそうに話す彼女に、自分にもそんな時があったなと懐かしく思い出したりして。

今日はありがとう。また遊びにいくね。

This is what I want [Food & wine]

DSC_0284.JPG


インドでコーヒーを注文するとミルクと砂糖がたっぷり加わったミルク・コーヒーが出されるのが普通。
「ブラックでね」と念を押すと「砂糖は自分で加えてね」と言われたのでホッとして待っていると、ノンシュガー・ミルクコーヒーが運ばれてきました。 がっかり。

ダーリン母、妹宅の朝食はパン、バターそして紅茶。こちらも何も言わずにいるとミルクと砂糖が加えられてしまうので、black plain tea, please! と事あるごとに言い、または自分で入れます、とキッチンに向かう。

約2週間の滞在中、一度だけカフェで飲んだカプチーノの美味しかったことと言ったら。ムンバイにもスターバックスを始め、コーヒー専門店も進出しているようだけれど、1人でフラリと街を歩けなかったのでカフェも楽しめずじまい。

何より恋しかった淹れたての香り高きコーヒーとクロワッサン。

Its Aha moment.

Have a great weekend.

Becoming Nicole [Books]

benicole.jpg


アメリカに住む子供を待ち望んでいた夫妻は待望の双子の男の子を養子に向かえる。大きくなったらキャッチボール、魚釣り、狩猟も楽しめる、と喜びを隠せない父親Wayneとたっぷりの愛情を注ぐ母親Kellyの新生活が順調に始まった。兄Jonasはスポーツ好き。ところが弟Wyattはフリルのついたスカートを履き、プリンセス人形と遊ぶのが大好き。

何かが違う。

戸惑うWayneと時間をかけて理解しようとするKellyの葛藤、そして心と体との違いに悩むWyatt。やがてWyattはNicoleと女性名に変更し、学校、コミュニティに参加。ところが女子トイレを利用したことで生徒の家族から「男子が女子トイレを利用するとは!」と裁判沙汰に。

Transgenderとは生まれ持っている性とは異なる性認識を持つこと。ゲイやレスビアンが同性愛者であるのとは少々異なるのです。
バンクーバーの学校や大学でもトイレを男女別ではなく両性が使えるように変更すべきだ、と問題にあがった際、大して真剣に考えなかった自分がいました。

Nicoleの悩みはあまりにもかけ離れているので想像し難いけれど、コンサバティブな父親Wayneが「My beautiful daughter」と呼びかけるまでの心の葛藤は計り知れない。自分の子供がこのような状況になった時、全身全霊で守ることができるだろうか。そして双子の兄としてJonasを支えられるだろうか。

カトリック教会では同性愛は認めていないけれど、Popeは「もし彼らがミサに参列し、告解するのなら、拒否する理由はない」と述べています。

そう、コミュニティにより宗教に依る理解度も大きく異なるのがアメリカ社会。事実は厳しいけれど、NicoleとJonasの健やかな成長を願うばかり。

Happy Valentine's Day [Vancouver Life]

DSC_0285.JPG


今年のValentine's Dayは日曜日。ダウンタウンに出かけてみると花束を抱えた男性や、仲良く歩くカップルでハート溢れる雰囲気。1輪の真紅のバラを片手に、もう一方の手はしっかりと絡ませて歩く男性カップルもバンク―バーならでは。

すっかり気に入ったHappy Hourのレストランへ。この日はディナー予約で埋まっているので食べ物のメニューはオイスターのみ。ええ、喜んで♪ Happy Valentine's Day, my love!とダーリンと乾杯。
DSC_0287.JPG


小腹を満たした後はコンサート会場へ。カジュアルな観客で賑わうお目当ては…
DSC_0289.JPG


カントリー歌手のBrad Paisley
BradPaisley-550x410.jpg


通常はアイスホッケーが行われる場所なので会場も広く、アルコールも場内で販売、席への持ち込み可能。なので演奏中も2杯目、3杯目を買いに行く人、ビールを飲んだ後はトイレに行く人でザワザワと落ち着かないけれど、まあそんなものなのでしょう。

開演7:30pmに合わせて席に着くと始まった演奏はBradではなくEric.前座の彼、延々と1時間もパフォーマンス。ちょっと長かった~。
流石にBradの演奏はEricとは違って観客の集中度も違う。そう、Brad目当てに来たんだもの。ステージの背面の大スクリーンにはコミカルな映像、スーパーマリオゲームもありの演奏と画像が重なった今時の展開。更には途中Carrie Underwoodをスマートフォンで呼び出し、彼女の楽屋から中継(既に録画されているだろうけれど)し、一緒にハモるということまでやってのけていました。

単純に音楽だけを楽しむコンサートというのは遥か昔のことのよう。それでも家ではない場所と時間を楽しめたのはよかったな。

Breeze from South [Food & wine]

009.JPG


自宅で楽しむワインはお手頃価格が何よりのポイント。ラベルにつられて思わず買ってしまったHola!
チリ・ワインです。軽い味わいの赤ワインでした。チリ・ワインのヒットはこちら
008.JPG


日本でもお馴染みのCono Sur. Reserva Sauvignon Blancはフレッシュなフルーツ、そうペア―のような香りが爽やかな飲み心地なのでついついグラスが進んでしまう危険なワイン。

赤ワインのお気に入りはDon David Malbec Reserva. ふくよかなベリー系の香りが溢れ、しっかりとした味わい。
11156043_is.jpe


Malbec、イケますよ~。

Have a great weekend!