So-net無料ブログ作成

2016 Spring in Tokyo (3)  [2016 Tokyo]

P1030707.JPG


カラヴァッジョ展で勢いづいたので続いてボッティチェリ展へ。日伊国交樹立150周年ということで都内別の美術館ではダ・ヴィンチ展も開催されている東京。今イタリアに行ってもお目当ての作品は東京に移動中かもしれません。

美術館に到着したのは11時過ぎ。既にかなりの人混みで作品に近づくのも一苦労。これが日本なのです。列には並ばず、遠巻きに、そして気になる作品は人混みが途切れるのを待ってから見たり、と自由気ままに。

ボッティチェリはフィレンツェ・ルネサンスの代表画家。宗教画を多く描く見事な腕前はメディチ家という大パトロンにも恵まれ、自らの工房も持ち最盛期を迎えます。装飾的、象徴的な独自の画法を貫き、近代の芸術や文化に影響を与えたのです。

きらびやかな作品が続く中、板の十字架に描かれたキリスト像にまさに釘づけに。
img_artwork_15.jpg


折しもこの日はGood Friday。キリストが処刑された日です。しばし立ち止まり祈りを捧げて。

「綺麗ね~。いつまでも眺めていたいわね」と女性達に大人気の聖母像。神々しい美しさに溢れています。
img_artwork_01.jpg


世界各地から集められたボッティチェリ作品20点、更に彼の師であるフィリッポ・リッピ等の作品も合わせ80点以上が集結。見応えたっぷりです。いつも日本の展覧会で楽しみにしているのは館内で上映されているビデオ。短いながらも要所を抑えた内容に更に興味が深まります。

ボッティチェリ展
東京・上野 東京都美術館
4月3日まで

2016 Spring in Tokyo (2) [2016 Tokyo]

P1030705.JPG


上野に行った目的は花見ではなく美術展。世界中のアートが集まる東京、素晴らしすぎます。
まずは国立西洋美術館にて開催されているカラヴァッジョ展へ。劇的な明暗法を用いた彼の作品は人間の本質に迫るものがあり、観ているうちに絵の中に引き込まれてしまいそうな迫力。イタリア・ローマに行った際は教会内での大型作品から小品まで楽しんできたので今回も期待が高まります。

9:30開館前に着くと既に60人程が列をなしていました。東京の人々、アートへの意識が高いですね。
36歳で没したカラヴァッジョの作品は約60点と言われ、本展では2014年に発見された「法悦のマグダラのマリア」が世界初公開。マグダラのマリアは最期の晩餐の唯一の女性。ところが若い頃は奔放に暮らし、途中イエスに出会い信仰への道を歩み始めます。罪と後世の清らかさの両面を持った女性として絵画の題材に多く取り上げられています。カラヴァッジョが描いたマリアは生々しい人間そのもの。
caravaggio_mm-ecstasy_grt.jpg


他にもカラヴァッジョから影響を受けた画家達の作品もあり、じっくりと楽しめます。

出口近くのお土産コーナー。どうしてこんなにも関連商品が並ぶんだろう、日本って 笑。
DSC_0345.JPG

ワインのラベルは当然カラヴァッジョ 笑
DSC_0346.JPG


カラヴァッジョ展
東京・上野 国立西洋美術館
6月12日まで

2016 Spring in Tokyo (1) [2016 Tokyo]

P1030706.JPG


イースターも過ぎ、一気に春、というか初夏のように気温が上がったバンクーバー。イースターの連休を利用して東京に行ってきました。

まずは咲き始めた桜を眺めに上野へ。そういえば昨年もお花見の時期でしたね。先週末は未だ三分咲き位。平日というのに観光客や各地から訪れた人々でかなりの賑わいでした。

P1030708.JPG


晴れ着を着た女性達が多く歩いているのに最初は何だろう?と思ったけれど、両親と共に歩いている女性がいたので、卒業シーズンということに気づきました。いや~めでたいわ~。袴姿も発見。そういえば私も着たっけ。懐かしい~。

時は変わってもサクラを愛でながらの卒業式や入学式が繰り返されているのには嬉しくなりました。

Life is very short [Thoughts]

DSC_0343.JPG


ワイン好きの目に留まったローカル紙の見出し「1日1杯のワインは医者いらずにはならず」

そうか、1杯じゃダメなんだ...というのは冗談で”1日1杯のワインは心臓病や糖尿病を防ぐ”という以前の調査を再検証したところ、全く飲まない人のほうが健康状態が良く、適度なアルコール摂取は医学的には助けにならないという結果に。

それでも1、2杯のアルコールで気分良くハッピーになれれば、体にも心にも良い影響が出ると思うけれど。

飲み過ぎ注意で人生楽しまないと♪

Life is too short to drink bad wine.

Spring is coming [Vancouver Life]

DSC_0339.JPG


バンクーバーの桜は種類も多く2月下旬より開花するものもあり、暗い雨の日々に明るさを灯してくれます。中でも私のお気に入りは白いサクラ。青空に映えています。

今日のオフィスからの眺めはすっきり爽やか♪ 
DSC_0342.JPG


春もそこまで来ています。

When Breath Becomes Air [Books]

25614898.jpg


北米で神経外科医になるには、医学部(4年)卒業後に研修医期間(米国:7年、カナダ:6年)を経て、最終試験合格後運よく職があれば医療機関へ、もしくは更に1-2年の調査、研修期間を加えるという長い長い道のり。途中、自分には不向きだと悟り別の専門分野に方向転換する人、妊娠、出産のためにやむなく方向転換した研修医達、と長いだけでなく遥かなる道程。

Dr. Kalanithiはスタンフォード大学文学部卒業後イェール大学医学部へ。その後スタンフォード大学に戻り神経外科研修医となった。あと1年で卒業という7年目に体の不調があり、調べたところ肺ガンに侵されていた。36時間継続勤務という想像し難い激務の病院での医師から同じベッドに横たわるのは患者としての自分。どうして自分が...

前半の混乱状態が痛いほどに伝わってくる。というのもまさにDr. Kalanithiと同じ立場の人々と日々仕事をしているから。病に堕ちなくとも、実際Dr. Kalanithiの同僚はストレスのあまりに飛び降り自殺、別の同僚は事故死と不甲斐ない最期を遂げている。生と死の間にさまよう様子が鮮明な文章でつづられている。

治療後に数か月研修医として復活するものの、新たな腫瘍が発見され研修医として最後の手術に挑む。
医学部卒の奥様や家族の支えの中での放射線治療も始まり、本の原稿をタイピングするにも特殊手袋が必要になるほど弱ってしまう体。担当医は「人生で一番大切なものは?」と常に問いかける。

本の完成を見ることなくDr. Klanithiは2015年3月死去。37歳。

もし彼がガンを克服していたら普通の優秀な医師としてだけでなく、患者としての体験も合わせた治療ができたに違いない。

死は誰にも訪れる。その順番が違うだけ。

Pray for me [Faith]

afp-8w913.jpg


精力的に若者達に声をかけているPope Francis.ついにInstagramに登場です。メッセージはPray for me.
私のために祈ってください。
既に750000人のフォロワーがメッセージを送っています。

ソーシャルメディア利用には賛否両論あるけれど、使いようによっては最大効力を発揮します。
信仰もメディアやスマートフォンを通じてもっと身近なものに感じる世代も多いということ。

新たな発想ですね。

Earth Hour [Canadian Life]

Cd9HY4gW0AArWs5 (1) - Copy.jpg


Earth Hourは2007年より始まったWWF(世界自然保護基金)主催による国際的なキャンペーン。3月の最終土曜日に1時間電気を使わないイベント。2016年は3月19日現地時間20:30開始でした。

「僕らは皆一緒にこの惑星に住んでいるんだ」カナダ首相Justin Trudeauもtweet.

さて我が家は、TVもPCも電源入れっぱなし。夜11時のニュースで今日だったの!と気づいた間抜けさ。
トホホ。

Happy Birthday & St. Pat Day! [Canadian Life]

DSC_1939.JPG


3月17日はSt. Patrick Day.そして友人の誕生日。彼女のダンナ様より
「St. Patrick Dayを祝ってパーティーします。ドレスコードは当然グリーン!」とメールが送られてきました。彼女の家に着くと、見事なグリーンのデコレーション。
DSC_1926.JPG


ケーキもグリーン。ピスタチオ味のクリームで。
DSC_1960.JPG


いつものようにギターやピアノで歌が始まりましたよ。
DSC_2007-1.jpg


木曜夜だったので、翌日仕事の人も多いため早めに終わらせようとホストは務めたけれど、結局パーティー終了したのは午前1時。インドな人たち、そんなものです。 ハハハ。

IRIS [Movies]

MV5BNDMzMDY1NTE4MV5BMl5BanBnXkFtZTgwODc4NjY3NDE@._V1_UX182_CR0,0,182,268_AL_.jpg


在ニューヨークの現役ファッショニスタIris Apfelのドキュメンタリー映画「IRIS」。
幾重にも重ねたネックレス、ブレスレット、そしてトレードマークでもある大きな丸いフレームの眼鏡の彼女を雑誌等で見たことがあるのでは。
iris-apfel-albert-maysles-fanfair.jpg


約50年に亘り夫Carlと共にインテリアデザイン会社を経営、歴代大統領一家が住むホワイトハウスのインテリアも担当していたという実力者。世界各地を旅し、珍しい品々を買い付けていたという経験から彼女のスタイルが作られていったようです。2005年メトロポリタン美術館の展示にまで至ったというほどのコレクション。彼女の家々は洋服だけでなくアクセサリー、インテリアでモノに溢れています。

iris-apfel.jpg


彼女の語録より。
Life is gray and dull; you might as well have a little fun when you dress。
人生はグレーで退屈なもの。着飾る時は楽しまないと。

Most importantly, you have to be yourself, be who you are and take time to be open and honest with yourself. That is what it's all about. If you don't know yourself, you'll never have great style
最も大切なのは自分自身であること。自身に心を開いて信じることは時間がかかるけれどね。それがすべてよ。自分を知らないと独自のスタイルを気づけないわよ。

I don't have any rules, because I'd only be breaking them
ルールなんてないわよ。だってルールを破ってきたんだから。

彼女のスタイルが好きかどうかは別として、そのユニークさは一見。