So-net無料ブログ作成
検索選択

The Danish Girl [Movies]

the danish girl.jpg


1930年代コペンハーゲンに住むカップル風景画を描くEinerと人物画を描き続けるGerda。ある日Gerdaの女性モデルとしてストッキングを履き、ポーズをとったことから奥底に秘めていた感情が沸きあがってしまうEiner. サロンにも女装をし、Liliと名乗って出かける2人。EinerはGerdaの夫として生き続けられるか?

今でこそ公認され、その権利も取り上げられるようになったtransgenderの実話に基づいた映画 The Danish Girl.
壊れそうな感情と闘いながら、自身を見つけていくEinerを演じたのはEddie Redmayne。時間が経つうちに不思議な美しさに輝いていくのです。

そんな彼を支え続けるGerdaが素晴らしい。こんな愛の形もあるのだな、と涙が溢れて止まりませんでした。

Aloha! (4) [2016 Hawaii]

P1030778.JPG


旅の楽しみはその土地の植物に出会うこと。Banyen treeに出会うと南の国に来たなぁとしみじみ実感。インドの国木なのです。他にも美しく珍しい花々が。
P1030773.JPG


カナダで見つけたGolden Chainに似た木が。
P1030783.JPG


隣の木はオレンジの花。
P1030782.JPG


オアフ島にはサーフィンにもってこいのビーチや、東部にも各種ビーチがあるけれど、遠出もせずワイキキ近辺で過ごした3日間。のんびり週末休暇もいいものです。次回はBig Islandに行ってみたいな。

P1030776.JPG


Mahalo.

Aloha! (3) [2016 Hawaii]

P1030775.JPG


ビーチを歩いていくと隣のホテルにたどり着き、Mai Taiでホッと一息。こちらのホテルバーは米軍人価格もあり、そのせいかマッチョな男性が多く飲んでいました。目の保養~♪ 笑

心地よい風に吹かれながらカクテルやビールを飲んだり、プールにつかったり、とまったり時間を過ごす私達。そこに追い打ちをかけるのがホテル内数か所にあるABC Stores.アルコールはもちろんのこと、サンドウィッチやスシロール等の軽食もあり、一度に沢山食べないダーリンと私にはとても便利な場所。適当に買い込んで部屋に持ち込み、TVを観ながらくつろいだり、と便利なことこの上なし。

朝食は敷地内のレストランへ。カナダよりも量が多いアメリカのレストラン、私達は1人分注文し2人でシェア。丁度良い分量でした。だって1人前が卵3個、ソーセージ4切れ、パン4枚、お皿半分程のハッシュドポテトですから。

翌朝見つけたのはアイスクリームショップ。中をのぞくとペーストリーも売られているようです。
DSC_0457.JPG


となれば当然クロワッサン♪
DSC_0459.JPG


ベンチに座って食べ始めるとスズメ等の鳥たちが早速寄ってきましたよ。

Aloha! (2) [2016 Hawaii]

DSC_0452.JPG


アクティビティ・プログラムは朝6時のヨガからスタート。9時に起きた私、すっかり出遅れ。笑。バカンスだもの、時間を気にしないで過ごしましょう。

ホテル敷地内には人工のラグーンもあり、大海とは違う気軽さで小さな子供達や親子連れが楽しめる場所。楽しそうな人々を眺めるのもいい気分になりますね。

おっ、アナタ達も忙しそうね。1,2,...眺めている人々は皆コガモの数を数えていましたよ。全員で9羽。
P1030770.JPG


ホテル内のいくつかの池には錦鯉やカメ、カモも住んでいるのですよ。滞在中は7-8組の日本人ウェディングカップルに遭遇し、またまた嬉しい気分に。花嫁さん達の痩せすぎともいえる体型に「細いね~!」とダーリンはびっくり。

日本に帰ると訪れる時間と場所のせいなのか、忙しそうな人々ばかりに出会うけれど、ここはハワイ、日本各地から様々な世代の笑顔溢れる人々に出会うことができて、それもまた面白さのひとつ。
大はしゃぎの女性グループ、年齢は40歳台でしょうか「チーズ!」と皆でプール内でセルフィー撮影していたり、海を背景に写真を撮りたい妻をほったらかしにして、1人サッサと歩いてしまうシルバー世代の夫とのカップル、と見ていて飽きません。

カナダ暮らしでは人間ウォッチングはそれほどしないけれど(人目を気にしない風潮だから)、このホテルは余りにも日本人が多いので、日本語会話が耳に入ってきてしまうのです。

Aloha! (1) [2016 Hawaii]

DSC_0450.JPG


Victoria Dayの休日を利用して3泊5日でハワイに行ってきました。金曜夕刻バンクーバー発のフライトで空路約6時間。1時間遅れて離陸したのでホテルに到着したのは夜10時。

今回の宿泊先はHilton Hawaiian Village.1928年よりリゾート開発し、規模を広げ1950年代にはあのElvis Pressleyが出演した映画「Blue Hawaii」の撮影場所ともなり、その後もElvisごひいきのホテルになったそう。

DSC_0453.JPG


ビーチに面した巨大ホテル敷地内には20のレストラン、5つのプール、毎週花火も揚がり、現地の歌やダンスが楽しめるショーもあり、と盛り沢山。当然日本人観光客にも人気のようで、全ての表示に日本語訳つき。ハワイに行くと日本に帰ったような気分になりますね 笑。

ゆっくり行ってみましょうか。

Happy Anniversary [Others]

DSC_0444.JPG


今年も無事に11回目の結婚記念日を迎えました。家族や友人達からのメールや電話も届き、祝福モードの1日。特別なことは何もしなかったけれど、1つだけ続けているのがカードを贈ること。この数年は動物バージョンが続いていたけれど、ネタがつきてしまったので今年は趣向を変えて。ダーリンも気に入った様子♪

月までどのくらいの日数がかかるんだろう、と調べてみるとアポロ号のミッションでは約3日、最短では8時間35分。

へ? ちょっと短すぎやしないか... ロマンチックが一変してしまったのでダーリンには内緒にしておこう。

Simple dinner [Food & wine]

DSC_0437.JPG


夏らしい日々から曇り空になってしまったバンクーバー。気温も14-5度と低めで気分も下がり気味。こんな日のディナーはシンプルに。Fried Shrimp Rice & raita.

Raita はインド風のサラダ。マトンやチキンを混ぜたスパイシーな炊き込みご飯biryaniの付け合わせに欠かせないもの。
レシピは色々あるけれど、今日は細かく刻んだキュウリ、グリーンチリ、オニオン、コリアンダーをヨーグルトと混ぜ、塩少々を加えたもの。食欲のない時もこれを食べると元気が出てきますよ

Shrimp Riceはダーリン特製なので極秘レシピ。 彼が調理している時はキッチンに立ち入らないようにしています。
「ええっ、そんなにオイルを入れるの?」
「火が強すぎる!!」
とうるさい外野になってしまうので。

Aroma diffuser [Body & Mind]

DSC_0436.JPG


夜中にうっかり目覚めるとその後眠りに戻れないダーリンとは違い、あっという間に寝入ってしまう私ですが、お互いに眠りの質を上げよう、と気になるAroma diffuserを購入しました。カナダ価格約70ドルとは決して安くない買い物だけれど、きっと効果があるに違いない。使用方法は設定されている箇所まで水を入れ、好みのアロマオイルを数滴加えるだけ。リラックス効果にはペパーミント系のすっきりした香りとラベンダーを混ぜて。

2週間程毎夜使用、中々よい感じです。ベッドに入る1時間程前からスィッチを入れ、優しい香りに包まれて眠るのは何よりも気持ちがよいもの。容器を洗ってアルコールで消毒し、全く違う香りのオイルと共に時間、場所を変えて楽しむことができるのです。そう考えるといい買い物をしたわ♪

東京ではありとあらゆる場所(駅中、美術館ショップ等)でアロマオイル系の品々が販売されていたけれど、安価な品に飛びつくのではなく、純度を良く調べて購入することをお勧めします。

Have a great weekend!

Becoming Meryl [Others]

meryl-streep-brigitte-lacombe-april-2016-cover.jpg


セレブの話題から政治まで幅広いトピックを扱う雑誌Vanity Fair.最新号の表紙を飾るのは我らがMeryl Streep!
1980年"Kramer vs. Kramer" にてアカデミー賞を受賞して以来、シリアスなヒロインからマフィアの妻、大統領、ヒッピー、ドラッグ中毒、近未来の支配者、鬼編集長、魔女、ロック歌手...と多種多様な役を演じ続けている彼女の特集。

ヨーロッパの映画界とは異なるハリウッドの女優はある程度の年齢を超えると、配役の回数がぐっと減るのです。未だに若く美しき女優がもてはやされ、年齢を超えた演技を要求される作品が少ないことを物語っています。

彼女の最新作はコメディ。楽しみですね。歳を重ねて魅力も更に増す彼女の演技をこれからも期待しています。

Overcoming fear [Body & Mind]

08FITCITY1-tmagArticle.jpg


ヨガポーズの中で練習しても中々できないのがいくつかあるのですが、中でも逆立ち系はとても苦手。
完全ポーズにいきつくまでに、写真のように片足を蹴り上げるというステップを踏むものと、蹴り上げずに腹筋を使って持ち上げていくという流れがあり、いずれも私にとっては難しい。

何故出来ないのか? 何が怖いのか?片足ずつゆっくりと上げることはできるけれど両足になると全くお手上げ(足上げじゃなくて)。

恐怖を乗り越え、少しずつ上がっていくように練習を重ねるのみかな。

Om....