So-net無料ブログ作成

Surrey Fusion Festival 2016 [Vancouver Life]

DSC_0619.JPG


Caribbean Festival の翌日はSurrey Fusion Festivalへ。30か国以上のテントが並び、夫々のカルチャーから食べ物が販売され、3か所に設置されたステージでは様々なパフォーマンスが披露されるイベント。今年初めて見るのは、トランポリンのパフォーマンス。壁を伝わるように飛び続けるパフォーマーに皆拍手喝采、写真、ビデオ撮りまくり。
DSC_0614.JPG


インド出身の人々が多い地域なので、インドのテントは5つつなげての豪華版。中ではタージマハールを背景に写真をとることもできます 笑
DSC_0617.JPG


そして今年初めて設置されたアルコールのテント。係員からリストバンドをもらい、アルコール用のチケットを購入し、ビールやワインを注文する仕組み。限られた場所のみで飲酒が可能です。暑い午後だもの、ビールがないとね♪

午後8時過ぎると待ちに待ったDelhi 2 Dublinの演奏。2006年のVancouver Celtic Festで誕生したこのバンド、ケルト音楽に欠かせないバイオリンにインド、Punjabi地方の音楽Bangaraをミックスして、体の底から楽しくなるようなリズムが繰り広げられます。演奏が始まると皆総立ち(って元々椅子はないけれど)。Bangaraに欠かせない太鼓、Tablaのリズムに合わせて皆踊りまくり。ええ、私もずっと踊っていたので写真なし。笑。

楽しかった~。

Caribbean Days Festival! [Vancouver Life]

DSC_0603.JPG


夏のバンクーバーは殆ど毎週各地で様々なイベントが開催されます。毎年楽しみにしているCaribbean Days Festivalに行ってきました。
既にダンス好きの友人がステージ正面にパラソルを広げて待っていました~。笑。

カリビアンな商品からインドちっくなものまで色々なお店があり、見ているだけでも楽しい。
DSC_0604.JPG

こんなお洒落なサボテンも。
DSC_0605.JPG


友人の大きなパラソルが日陰となり、ダーリンと3人で大好きなJamaican Pattyをほおばりながらゆるりとした音楽に身を委ねて。芝生に座っている人、ダンスする人、皆楽しんでいます。
カリビアンな音楽から、ベリーダンス、ハワイアンダンス、とパフォーマーも様々。中でもホーンセクション(Tb, Tp, T.Sax)が充実したバンドは聴きごたえたっぷり。
DSC_0608.JPG


ダウンタウンより15分、Seabusで海を渡った対岸から眺める景色。
DSC_0610.JPG

The Reluctant Fundamentalist [Books]

9780141029542.jpg


パキスタン出身のChangezは米国Princeton大学を卒業後コンサルティング会社Underwood Samsonの職を得る。ハングリー精神と果敢にビジネス課題解決に挑むChangezは上司の評価も良く、ニューヨーク生活を楽しんでいた。フィリピン出張時に起こった9.11事件。空港での執拗なチェック、その後の母国の政治状況が変貌する中、自身はアメリカでどのように暮らすべきなのか...

パキスタン出身Mohsin Hamid著 The Reluctant Fundamentalist を知ったのは偶然彼の別の著書 Discontent and its civilizationsを読んでその知的な文体と内容に感銘を受けたから。

この本は映画化されていて、映画を先に観たのでした。
MV5BNzAzNjg3Mzg1Nl5BMl5BanBnXkFtZTcwOTUzNzExOQ@@._V1._CR25,27.166671752929688,1347,1995.9999542236328_UX182_CR0,0,182,268_AL_.jpg


映画では9.11に焦点を当て、ガールフレンドであるEricaとの出会いを違った形で表現していたけれど、原作を読むとChangezの心の動きが政治的状況とともにそれは詳細に、ストレートに心に響いてきました。文字で伝えるということは画像よりも想像力とその裏にある想いなどが幾倍にも広がっていくものですね。

Wow, it's hairy! [Others]

今週もSammy君は月ー木と元気に過ごしていました。

「お帰り~♪」
DSC_0575.JPG

私が仕事から帰るまでのほぼ7時間程はダーリンを独り占めのSammy、ダーリンがトイレやキッチンに歩いていく全ての行動に離れまいとつきまとっています。笑。

「足元が好きなんだワン♪」
DSC_0580.JPG

さて、Sammyがいない金曜日の部屋は彼の白い毛で結構毛だらけ。もしも自分で飼うなら毛の短い犬にしようっと。

Have a great weekend!

Go Michelle, Go! [Entertainment]



Adele, Jennifer Lopez等の歌手達が車に乗り込み、ノリノリでカラオケを楽しむCarpool Karaoke.
今日アップされていたのは何とMs. Obama.
「Stevie Wonderは全部歌えるわ~」とホワイトハウス敷地内をドライブしながら楽しむ彼女。ノリの良さはもちろんのこと、リラックスした表情に帰宅途中の電車も楽しい空間になりました。

ハーバード大学卒の弁護士であるMichelle。ファースト・レディとしてLet's move, Let Girls Learn等のプロジェクトに携わり、人々、特に次世代につなぐコミュニティに貢献してきました。
聡明さと人々に対して気さくな両面を持つMichelle. 大統領選後の2017年以降はどのような活動をしていくのでしょう。同世代女性として心よりエールを贈ります。

Chocolate and Coffee [Food & wine]

DSC_0591.JPG


ダウンタウンの東側、East Vancouverと称される場所はホームレスやドラッグ常習者がたむろする場所。彼等、特に女性達を救うべく立ち上がったEast Van Roasters。オーガニック豆を使用し、端正込められたチョコレートはもとより、コーヒーの美味しさも魅力。久しぶりに訪れてみました。
DSC_0592.JPG


今日はアメリカーノではなくBodumでプレスされたコーヒーを。最近オープンした彼等のベーカリーで焼き上げられたパウンドケーキと共に。
DSC_0596.JPG


砂時計が落ちるまでゆっくり待ってから淹れるコーヒー。そのゆったりとした時間も同時に味わえる喜び。毎日ササッと大型ポットから次ぐオフィスのコーヒーの味とは大違い。ゆっくり楽しむことが更に味わいを増すのです。パウンドケーキもしっかりとした味わいで大いに満喫。

この日は私1人のみ。贅沢なひと時を過ごしました。
DSC_0595.JPG


East Van Roasters
319 Carrall Street

Delicious panini! [Food & wine]

DSC_0588.JPG

今日のランチは新しいお店に行ってみよう! と場所も確認し、いざMain Streetのバスストップに行くと「次のバスまで20分」と掲示されています。既に午後2時近く、お腹も空き過ぎているのでどうしようかと思っているところに目に入った通りの向かいにあるレストランらしき建物。

ウェディング等のケータリングを主流とするThyme to Indulge、平日ランチは各種パニーニがお勧めと書かれているのでGrilled Roasted Vegetable & Aged Cheddar Paniniを注文。
DSC_0587.JPG


パニーニのパンはフォッカチャを使用している所が多いけれど、出てきたのは私好みのフランスパン。たっぷりのサラダとともに登場。早速サラダを一口。バルサミコ・ビネガーで和えたグリーンとストロベリー。新鮮な味わいが口いっぱいに広がります。そしていよいよパニーニ。グリルされたズッキーニ、レッドペッパー、トマト。むむっ、野菜の味が違う! 深いというか甘いというか...これはきっと地元のものでしょうね。チーズとのコンビネーションも最高! こんなに美味しいパニーニがあるとは目からウロコ。

窓際のカウンター席でたっぷり満喫したランチでした。
DSC_0586.JPG


Thyme to Indulge Bistro
2858 Main Street

La Famille Belier [Movies]

MV5BMTcyMjE3NzIwNF5BMl5BanBnXkFtZTgwODU5ODE4MzE@._V1_UY268_CR7,0,182,268_AL_.jpg


家族で牧場を経営するBelier家。16歳の長女Paulaは耳の聞こえない両親と弟の通訳者として日常の暮らしを助け、牧場の仕事も手伝い、学校に通う日々。

コーラスの授業に参加したPaulaの歌声を見出した音楽教師は彼女にパリのエリート合唱団、ラジオ・フランスのオーディションを受けてみないかと提案する。参加する意思があるのなら、毎日欠かさずレッスンを受けることを条件として。全く考えもしなかった誘いに驚き、戸惑うPaula. けれども歌うことにより自身が解放され、新しい道が広がっていくのを毎日感じ始める。家族を残して1人パリに旅立つことができるか、とジレンマに悩むPaula.彼女の決意は...

「耳が聞こえないのも人格さ♪」と妙に明るい父親、感情的だけれど魅力的な母親と大いに笑ってしまう家族。そして何よりも真っ直ぐで素朴なPaulaが素晴らしい。

コメディ映画の面白さもさることながら、オーディションの場面では涙ぐんでしまいました。

観てよかった! 

Come, summer! [Vancouver Life]

DSC_0585.JPG


向日葵よりも紫陽花がぴったりとくるような気候が続いているバンクーバー、オフィスでも「何だか寒いね」という会話が交わされてしまうほど。早く夏らしい暑さが来ないかな。

スイカや
トウモロコシや
ビーチも
バーベキューも
待っているから。

Tasty pudding [Food & wine]

DSC_0570.JPG

卵もミルクも砂糖も使わずにプディング? しかもオーガニック素材で作られたVegan Pudding。久しぶりにお店に行ってみるとパッケージも新しく変わり、ソースと一体化。持ち運びも便利。現在ではWholeFoodsやDonald's Marketの店頭に並んでいるという発展ぶり。素晴らしい~。

「ただいま8種類から選べますよ♪」とオーナー夫人。ダーリンの好きなオリジナルを買って帰りました。違う味は次回の楽しみということで。
DSC_0571.JPG


この味は昔どこかで食べたことがある。インド・ゴアに同じようなスイーツが...

と懐かしそう。それもそのはず、ココナツミルク使用だからね。一口食べるとその濃厚な味にしばし絶句です。

Vegan Pudding
#101-422 Richard St.