So-net無料ブログ作成
検索選択

Birthday and Funeral [Others]

DSC_2340.JPG


20日のB.Dayは親しかった友人の葬儀に参列してきました。インド・ムンバイ出身の彼は数か月ガンと闘い、最後の数週間はホスピスで過ごし安らかに召されました。
いつもハイパーな奥様とは対照的に物静かで、パンチの効いたユーモアを口にする頭の回転の素早さにいつも感銘していたものです。棺に横たわっている彼は直ぐにでも眠りから覚めそうな様子でした。
コミュニティ・ミサのメンバーと共に讃美歌隊として参加。選んだ曲はLord is My Shepherd, Precious Lord, Take My Hand、とその歌詞に涙を誘います。200名程が参列したミサ、コミュニティの人々のきずなを感じる時でもありました。

前日19日は親しい友人達を招いてホームパーティー。暑い夏の夜の集まりに冷たい飲み物Spritzer(白ワイン&ソーダ)が女性ゲストの人気の品。ダーリンと共作の料理の数々も並んで。
DSC_2356.JPG


B.Dayとは知らせていなかったけれど、知っていた友人からはギフトも頂戴してしまいました。
DSC_2383.JPG


Portugalに旅行した友人からはOur Lady of Fatimaの聖水。ありがたい!
DSC_2385.JPG

そして別友人からは以前日本人留学生からもらったという帯を。これがド派手なおめでたい柄で...
DSC_2387.JPG

大はしゃぎで広げる私達 笑
DSC_2378a.jpg


ところでこの夜一番人気はサントリー・ウィスキー 響12年。
「こんなにスムースな味わいは初めて!」と皆大絶賛。ボトル、ほとんど空です。
DSC_2386.JPG


Thank you, friends.

RIO 2016 -3 [Others]

2016-08-18-athletics-bolt-inside-03.jpg


Jamaica出身のUsain Bolt選手、3回連続オリンピック100m, 200mでGOLDを獲得。他の選手との距離がこんなにも違う最速ランナー。今回も見事に走り抜けました。

レース前の選手紹介時はとてもお茶目な彼。観客も大声援を贈り、鎮めるのが大変なくらい。スタート直前には天を仰いでクロスを切る彼、そしてこのお決まりのポーズも。
2016-08-18-athletics-bolt-inside-05.jpg


セミファイナルではカナディアンのAndre De Grasseと笑いながらゴール。初オリンピックのDe Grasse選手にとっては良き兄的存在のようですね。
2bc245eb2e376322149fd878b2e689a0.jpe


オリンピックも終盤戦。めくるめくドラマはまだまだ続きます。

Paris is always a good idea [Books]

download (1).jpe


Paris is always a good idea. 思わず口ずさみたくなるような。Parisに憧れ、クロワッサンとカフェオレの朝食、エッフェル塔、シャンゼリゼ...特に日本女性はParisに弱いようです。

アート好きなRosalieは「今時手書きのカードを送る人なんているの?」という母親の反対を押し切り、St. Germainに自分の好きなカード、文具の専門店Luna Lunaを開店。小さな場所には地元の人はもちろんのこと、様々な人々が訪れ日々新たな出会いに。

ある閉店時、年老いた男性が店を訪れたことが彼女の人生を変えていくことに。

登場人物1人1人がとても個性的で、ウィットの効いた文章と共にぐいぐいと引き込まれていきます。ワインとクロワッサンが好みのRosalieのボーイフレンドは食を気遣うフィットネス・インストラクターというのも面白い組み合わせ。そして新たな出会いと共に物語は急激に展開していきます。

Paris is always a good idea この言葉はAudrey Hepburnが出演した映画Sabrinaでのセリフだったのですね。
images (2).jpe


女性向きの柔らかなタッチの本なので一気に読み終えてしまいました。でも著者はParis生まれの男性。いや、きっと彼はゲイに違いない(勝手に想像)。

Fail again... [Beauty]

images.jpe


Your skin is DIRTY!! とエステシャンに言われてからすっかり行く気が失せたフェイシャル。それでも懲りない私はGrouponでまたまたお得なディールを見つけてしまったのです。これは行ってみるしかない。

予約時間ほぼ同刻にたどり着くと受付にはアジア系女性が待っていました。私の顔を見るや否や
「English only?」

むむ、またしても嫌な予感。まあ過度な期待はせずに過ごしましょう。部屋に入ってしばらくすると同じ女性がやってきました。
「アナタは日本人ね。私はHong Kong出身よ」と話しかけてきました。Hong Kongなら少しはましかな、とほのかな期待をしつつ目を閉じて。
「アナタの肌はコンビネーションね。おでこは乾燥しているわ」と言いつつクレンジングを始めました。タオルでゴシゴシとこすられた後は皮脂をとり、顔のマッサージへ。
ピタピタと手のひらで首からと顔へとをはたくような動きに加えて左右対称というよりは、ちょっとアンバランス動きが繰り返されていきます。リラックスというより少々緊張気味な私 笑。

顔のマッサージ首の後ろ、デコルテへと続いたけれど、ちょっとツボを外していたかな。その後はパックを塗られ、そのまま数分放置。最期にクリームを塗られて終了。あまりにも気持ちがよいフェイシャルだと「ええ、もう終わり?」と名残惜しいけれど、今回は終わってホッと一息。

受付に戻ると「今回の税金$2.65をお願いします。本日限りのスペシャル価格でXXサービスが受けられます」とセールストークが続きます。

いや、1回限りで十分なので「また連絡するわ」とやんわり。するとPC画面で何かをチェックしていた彼女、画面から視線を離さずに「OK. Bye」

マッサージやヘアカット等のサービスは他人が良く評価していても自分に合うかどうかは実際に体験してみないと分からない。今回も体当たり勝負で玉砕してきました。写真のような心地よさはいつ得られるのでしょうか... トホホ。

まあDirty! と言われなかっただけ良かったかな。

Tasty drip coffee [Food & wine]

DSC_0667.JPG

ユニークな店が並ぶCommercial Drive. 気になるカフェも数件ある中、今日訪れたのはMoja Coffee。客足が絶えることなく大忙しの朝の店内。

朝の一杯はAmericanoではなく、本日のDripを注文。クロワッサンも忘れずに。大ぶりのクロワッサンはバターの味わいが溢れ、食べ応えたっぷり。
DSC_0666.JPG


小さなテーブル席はまるで図書館のような照明。周りを気にせずに読書やPCに向かう人にはうってつけの場所。小1時間程じっくり本を読みふけりました。
DSC_0665.JPG


家族連れ、ベビィを抱えながらの女性、シニアの人々と年齢層も様々。近所のカフェでコーヒーを楽しむ生活、憧れですね。豊かな時を過ごせる場所があるということは何より素晴らしい。

Moja Coffee
1102 Commercial Drive

Gratidute [Books]

gratitude-2.jpg


不治の病に侵され、死と直面した場合、人はどう過ごすのでしょう。

医師であるDr. Oliver Sacksの想いを綴ったGratitude. 死と向き合う彼の冷静かつ美しい文章の一節一節が心に沁みていきます。
日々の生活から、子供の頃の思い出、信仰への想い、母親に厳しくなじられたことが後年になっても深く心の痛手となっていたこと 等が語りかけるように流れていきます。

Gratitude 生を受けたことに感謝し、家族、友人達、愛する者への感謝を言葉にすること。彼の場合は直前まで書き残したから何より素晴らしい。

8月の暑い夜に逝ってしまった友人へ、愛を込めて。

RIO 2016 -2 [Others]



RIO 2016, こんな競技もあったの? と新たな発見のあるオリンピック。昨日のニュースでは雑草が生い茂るゴルフコースが報道されていました 笑。大丈夫か、RIO.

楽しみの1つはVISA cardのCM. ノリが良いので何回観ても飽きません。

RIO 2016 [Others]



RIO 2016、開幕前は宿泊施設の未整備、水質の悪さ等々本当に開催できるの? という雰囲気だったけれど、既に5日目。ほぼ毎日TV観戦しています。夏のオリンピックの楽しさは水泳かな。当然カナダのTV局なのでカナディアンが参加するスポーツを放映。ビーチバレーや女子サッカー等を楽しんでいます。

毎日国別メダル獲得数が更新されるけれど、カナダは上位には及ばず、恐らく日本ではかなり盛り上がっているのでしょうけれど、カナダらしくのんびりとしています。

カナダらしいと言えば、オリンピックのCM。これは素晴らしい。自然と共に鍛えぬく選手たち。美しい映像です。
Go Canada GO!

Bard on the Beach [Entertainment]

DSC_0663.JPG


バンクーバーの夏の楽しみのひとつ、Bard on the Beach。2016年はThe Merry Wives of Widowを観に行ってきました。
wives-page.jpg


舞台は1968年のオンタリオ州Windsorに移し、オールディーズの曲が要所要所に抑えられた心憎い演出。テント式の小ぢんまりとした客席とステージが一体となって、手拍子、口笛、と大盛り上がり。
こんなに楽しいシェークスピア劇ってあったの? ダーリンと共に思いっきり楽しんできました。

月曜の朝、オフィスの同僚に「Bard on the Beachに行ったよ~」と言うと
「何観たの?」
「Merry wives of Windsor!」
「Me, too!!!! That was really nice show!!」
とまたまた朝から盛り上がってしまったのでした。

小さな街の夏の楽しみは皆似ているのです。

At Granville Island [Food & wine]

DSC_0655.JPG


只今ボスが4週間の休暇中なので私も金曜日を休み、平日をたっぷりと楽しんでいます。朝はヨガで体をほぐした後、久しぶりにGranville Islandに行ってみました。この時期は観光客で大賑わいの場所。新鮮な食材はもとより、様々なクラフトショップもあり、楽しい場所なのです。
ヨットハーバーの近くでは魚介類も販売されています。
DSC_0654.JPG


大混雑のパブリック・マーケット内ではコーヒーも楽しめない程。そこで今日は近くのPacific Institute of Culinary Arts へ。食に関わるプロフェッショナル養成学校は生徒達の練習過程でもあるレストラン、ベーカリーの販売も行っています。ということは通常のレストランよりは安価でそれなりの、いえ、かなり高レベルの味が楽しめるのです。今日は彼等のカフェ、Bakery 101に行ってみました。Food is our passion. いい言葉ですね。
DSC_0657.JPG


クーラーの効いた空間で楽しむコーヒーとスイーツ。彼等の情熱が溢れる品々が並んでいます。そして値段もお得なのが魅力。
DSC_0658.JPG


Bakery 101
101 - 1505 West Second Avenue