So-net無料ブログ作成
検索選択

Hola from Punta Cana (7)  [2016 Punta Cana]

P1040074-1.jpg


ロビーにあるバーでくつろぐのは大人達だけでなく、子供達も好きな飲み物を自分でしっかり注文。時間帯によっては全て子供達で占領されていたのは笑えた。陽気なバーテンダー達が盛り上がっていました。

部屋に戻るとさりげないお出迎え。何だかとっても嬉しくなりますね。
P1040076-1.jpg


ホテル内でクジャクを発見! 羽を広げてほしかったな。
DSC_0886-1.jpg

DSC_0887-1.jpg


始めてみる不思議な花びら。よく見るとサボテンでした。
P1040031-1.jpg

元気な色合いに感謝!
P1040080-1.jpg


途中お腹の調子が悪くなるというアクシデントはあったものの、無事に楽しく過ごしたバカンス。次回はもっと注意しないとね。
DSC_0890.JPG


Adios, Punta Cana!

Hola from Punta Cana (6) [2016 Punta Cana]

P1040062-1.jpg


Feliz Navidad!

Punta Canaのクリスマス、サンタもビーチからやってきました。事前に親たちより登録されたプレゼントをサンタより受け取るために子供達の長い列が続きます。サンタは大人気ね。
P1040064.JPG


続くは子供向けのゲーム。ロープをはさんで「Coca Cola」と言われたら前へジャンプ、「Fanta」と言われたら後ろへジャンプするというルール。皆真剣。
P1040067.JPG


プールサイドやビーチで子供達を眺めるのも楽しみのひとつ。別のプールではインストラクターに合わせてダンスタイム。
P1040069-1.jpg

Hola from Punta Cana (5) [2016 Punta Cana]

P1040047.JPG


仕事の日は朝食を取らず、夢の中のダーリンをベッドに残して出勤する日々なので、毎朝2人で朝食をとるのはとっても新鮮。バカンスでしか味わえないというのも皮肉ですが。

水道水は飲まず、歯磨きもボトル入りの水を利用していたのに、3日目よりお腹の調子が悪くなってしまいました。うーん、何がいけなかったんだろう? 昨夜の魚のカルパッチョ? 大きなボールに入っていたヨーグルト? ブッフェレストランはホテルロビー側と外からのドアがあり、時折鳥や猫もウロウロしていたからなぁ、と原因をあれこれ考えてもお腹の調子はいまひとつ。

クリスマス・イブにはレストランを予約していたのに行かずじまい。まあこれはカジュアルなブッフェ好みのダーリンと一緒だったので予想されていましたが。ブッフェも特別メニュー。
DSC_0884.JPG


テーブルのデコレーションもにぎやかに。
P1040043-1.jpg


デザートコーナーもクリスマスらしく。
P1040053.JPG

P1040054.JPG


御馳走よりもお腹によさそうなスープを飲んで部屋に戻りましたとさ。 トホホ。

Hola from Punta Cana (4) [2016 Punta Cana]

P1040032.JPG


Punta Canaへはカナダ、アメリカはもちろんのこと、ヨーロッパからも直行便があり、様々な言語が飛び交っています。ホテルスタッフも「English? French? Spanish?」と柔軟に対応。そうそう、ロシア人も多かったです。

普段はワイン好きな私もバカンス中は違ったものを楽しんで。Rumのカクテルをお願い、と注文するとこんなものが出てきました。
P1040038.JPG

赤はベリー系、白はココナツダイキリ、ブルーは何やら甘く...かなり甘めのカクテルでした。

オプショナルツアーも行かずにのんびりと過ごした私達、ダーリンも仕事以外はメールもチェックせず、私も7日間のうち1回だけ確認しただけ。Wifiは有料だったのでスマートフォンの電源を切ってひたすらのんびり過ごしました。アラームもセットせず、起きられた時間が起床時間。体時計に合わせて。

Hola from Punta Cana (3) [2016 Punta Cana]

P1040015.JPG

今回はSirens Cocotal Beach Resortにて7日間、all inclusiveのパッケージ。宿泊、食事、飲物すべて込みというバカンスのための施設。飲兵衛な私達にはうってつけ。特にダーリンはね。

ブッフェの他にメキシカン、ステーキハウス等のレストランを選ぶことができます。私達は好きなものを好きなだけ選べるブッフェのほうが好みですね。あれこれと選んで盛り付けて。
P1040012.JPG


2皿目はちょっとアペタイザー風で(順番逆?)
P1040024.JPG

デザートも豪華に並んでいます~。
P1040022.JPG


P1040021.JPG


家族連れが多いので、子供達もお皿を抱えて喜びいさんでデザートコーナーに行きます。

日中はビーチやプールでのアクティビティ、イベントがあり、夜は毎日テーマの違うショーもあり、と宿泊客を飽きさせません。この夜はマドンナ、J.ロペス等のそっくりさんショーがあったのですが、食後ちょっと休憩のつもりが、すっかり爆睡して朝まで起きられなかった私達でした。 笑

Hola from Punta Cana (2) [2016 Punta Cana]

P1040007.JPG

トロント発6:15のフライトに向けてアラームを3:00にセットし。数時間の仮眠状態でフラフラと空港へ。無事に機内へ。ダーリンはポイントを利用しビジネスクラスへグレードアップ。ええ、私はエコノミカルだからいいのよ。 涙。朝日が目に染みるぜ(笑)

空路約4時間50分でPunta Canaへ到着。空港ーホテル間はミニバンの送迎付きでお気楽に。ガイドの女性より水道水は決して飲まないように と注意されで一路ホテルへ。

P1040014.JPG


待ってましたの日差しとpalm trees. バカンスの始まり、始まり~♪

Hola from Punta Cana (1) [2016 Punta Cana]

DSC_0878.JPG

Toronto経由Punta Canaに行ってきました~。雪国から南国への脱出! いや、トロントはバンクーバーよりも寒いのでした。この日の気温ー2℃。空港も雪で真っ白。
DSC_0879.JPG


約1年ぶりのダーリン娘と再会。ダーリン友人の娘さん夫婦も集まり楽しくディナー。彼等、仕事帰りに私達の泊まるホテルまで送迎してくれました。食事の後に招かれて彼等の家へ。シンプルながらもセンスのよい真っ白なツリー。
DSC_2621.JPG

Snow again... [Vancouver Life]

DSC_0874.JPG


ものすごく冷え込んだ土曜日、起きた時は元気だったのに段々と具合が悪くなり、ついにダウン。楽しみにして友達とのランチもキャンセルしてしまいました。

そして翌朝はまた雪。またまた雪…です。こんな日は家でまったり。レモネードやハーブティーを飲みながら温かく過ごしました。
DSC_0873.JPG


体力温存で年末乗り切っていきましょう~。

2016 Christmas luncheon [Food & wine]

DSC_0859.JPG

毎年私の所属する部署ではクリスマス・ランチを企画するのですが、今年はGranville IslandにあるBistro 101にて。料理学校に併設されているこのレストラン、未来のシェフの卵たちが調理し、サーブするのも生徒達。最大席数60のレストランを借り切ってのランチ。若きサーバー達も大忙しでテーブルを回ります。黙って水を継ぎ足す人、「もう一杯お水はいかがですか?」と確認する人、とサービスがバラバラなのもこの場所ならではでしょう。
一皿目、Roasted Butternut Squash & Tomato スカッシュの甘味がたっぷりと広がります。
DSC_0860.JPG

メインはターキーかトラウトを選べ、私はターキーを。Oven Roasted Turkey Breast Stuffed with Goat Cheese & Pesto。ペーストがとっても美味しかったです。
DSC_0861.JPG


そしてデザート。Iced Nougat & Snowy Roll. 雪のように真っ白なデザート。
DSC_0862.JPG


更にコーヒーか紅茶がついて$22.00.皆大満足でした。平日のみですが、この場所、お勧めです。
DSC_0863.JPG


Bistro 101
101 - 1505 West 2nd Avenue

The joy of Giving [Thoughts]

download (1).jpeg


Are you ready for Christmas?
クリスマスの準備はできている?

パーティー、料理、スイーツの準備、ギフト選びからラッピング、コミュニティのイベント等々クリスマスに因んだ行事が盛り沢山になる12月。

「イエスが生まれる25日までの数日間、貴方はどのように過ごしますか?」日曜のミサで神父は皆に尋ねました。「パーティーやギフト交換の日ではないのです。真摯な気持ちで心清らかに、奉仕の気持ちを持って過ごせますか?」

宗教的でなくとも、カナダの人々はボランティアやチャリティに勤しむ機会が増えます。例えば

―子供病院を訪ねて、入院中の子供達に声をかける
―ホームレスの人々に温かなコーヒーやホットチョコレートを
―近くの老人ホームを訪ねる(歌や楽器を演奏できる人はクリスマスキャロルを添えて)
―1人でできなかったら友人や知人に声をかけて数名で行う
―時間がなかったらCanadian Red Cross等に寄付をする 等々。
ーThanks! をもっと多く言葉で伝える

The joy of giving.
It's the most wonderful time of the year.

images2.jpeg