So-net無料ブログ作成
検索選択
Canadian Life ブログトップ
前の10件 | -

Great long weekend [Canadian Life]

DSC_1130.JPG


Canada Dayの楽しい友人宅でのホームパーティー、そろそろお開きか、という11時頃に突然ドアをノックする音が。
「何だか皆さん楽しそうなのでやってきました~」と缶ビール片手にほろ酔い加減の近所の男性。
ハーイと皆声をかけるものの、そこはコンサバティブなインドな人々。数分すると皆次々と帰り始めました。友人夫妻の従弟Mikeの車で送ってもらう予定の私達はほろ酔い隣人と過ごすことに。
「まぁまぁゆっくりしてって」と太っ腹な友人夫妻とユーモアたっぷりのMikeの会話も弾んでほろ酔い隣人は更にウィスキーを飲んですっかりお寛ぎ状態 笑。ようやく腰を上げMikeの車で送ってもらって家に着いたのは午前1時30分を回っていました。

翌日目覚めたのは何と11時過ぎ! 思いっきり天気の良い日に何もしないこと、休日の醍醐味♪
のんびりと過ごしてももう1日あるのです。フフフ。

月曜日はゆっくりと起き、ヨガレッスンへ。この日のレッスンはストレッチ系が多かったので体も心ものびのびと広げて気分爽快。レッスン後は近所のカフェで一息。
DSC_1134 (1).JPG


家に帰ってもまだたっぷりと時間がある充実さはとっても嬉しい。

Happy Birthday, Canada! [Canadian Life]

DSC_1137.JPG


2017年7月1日はカナダ建国150周年。各地で開催されるCanada Dayのイベントは今年は大規模に。初めてStevestonのイベントに行ってみました。ダウンタウンの人混みとは違ってのんびりとした雰囲気。海辺に沿っているので歩いているだけでも気持ちがいい。
DSC_2709-1.jpg

DSC_1135.JPG


各家のデコレーションも素敵に盛り上げています。
DSC_1140.JPG DSC_1141.JPG

DSC_2718.JPG

夜は友人宅のパーティーへ。この日は何も言われなくても皆赤、白のコーディネートでHappy Canada Day! とハグ。
DSC_2737-1.jpg

デザートが出てくると大歓声。O Canada!
DSC_2766-1.jpg

FlyOver Canada [Canadian Life]

flyover-waterfalls.jpg


お友達に誘われてFlyOver Canadaをダーリンに先駆けて体験してきました。雄大なカナダの上空を旅するようなエンターテインメント。風が吹き、霧も浴びるというリアル感たっぷり。写真のように大歓声を上げながら思いっきり楽しんできました。
カナダ、すごいです。美しいです。バンクーバー観光の際にはぜひぜひ体験してくださいね。

ディズニーランドのアトラクションが大好きだった私、こういうのはたまりません♪
絶対また行こう! あ、ダーリンも一緒にね。

Happy 40th Anniversary [Canadian Life]

DSC_2447.JPG


インド・ゴア出身者協会の40周年記念パーティーに行ってきました。数家族から始まった集まりがこの夜は400席のチケットが完売、100人以上がキャンセル待ちだったという広がりに。

ゴアで生まれた人々はその後インドは元よりアフリカ、中東、イギリス等各地に移住し、その後カナダで集まっているという流れ。そのつながりは若い世代に引き継がれているのです。
ゴア音楽に合わせて踊るダンサー達。皆コミュニティのメンバー。
DSC_2419.JPG

夫々の出身国のパレード。私も「日本の民族衣装を着て、国旗を持ってパレードできる?」と言われたけれど、着物も国旗も持っていない私、丁寧にお断りしてしまいました。南極からはペンギンも参加したユニークなパレード。ここで着物で歩いたら浮いていただろうなぁ。
DSC_2428.JPG


ラインダンサーも盛り上げます。
DSC_2441.JPG

この日のためにトロントより駆け付けたバンド、Goa Amigos. オールディーズからゴア、ポルトガル音楽まで皆の好みを次々と演奏していきます。
DSC_2444.JPG


歴代の会長達へのインタビュー、家族の歴史、文化をはさんだビデオ紹介はとても興味深く、またパンフレットは数ページに渡り会員達からの手記には政府勧告によりアフリカ・ウガンダから6か月以内に出国命令が出て、カナダに移動せざるを得なかった人々の記録等が寄せされています。
ダンス好きな呑気な私はダーリンについていったのが初めてだけれれど、その後10年、顔なじみも多くでき、唯一の日本人として楽しく参加できていることに感謝です。
いつものように大混雑のダンスフロア。袖降るどころか、腕つつき合いながら踊るのです。
DSC_2474.JPG


この日はネイルもきちんとね、とレッドに挑戦してみました。チラッと見なら自画自賛。笑
DSC_0775.JPG

Walking near riverside [Canadian Life]

DSC_0476.JPG


Fraser River沿いの遊歩道が広がるNew Westminster quayはのんびりウォーキングが楽しめる場所。周囲に育っている植物は珍しいものが多く、訪れる度に新たな発見があるのです。
DSC_0551.JPG


短いヤシの木も。
DSC_0557.JPG

袋に入ったような花びらが珍しい。
DSC_0554.JPG


そして今日の大発見は小さな小さなサボテン達。見事でしょう?
DSC_0560.JPG

DSC_0561.JPG

Happy Canada Day! [Canadian Life]

canada-day-2016-5926650267041792-hp.jpg


7月1日はCanada Day. 市民権授賞式を始めとするカナダ建国を祝う催しが各地で行われます。Googleロゴも祝福モード。

カナダ唯一のメジャーリーグチーム、Toronto Blue Jaysの試合開始時には大きな国旗がグランド一面に広げられ大歓声。思わずTV画面を撮影してしまいました。
DSC_0548.JPG


O Canadaを誇らしげに歌う人々。
DSC_0546.JPG


O Canada! Our home and native land! この歌を聴く度に鼓舞されます。いい曲なのです。
出身は異なっても、肌や髪の色は様々でも、平和にカナダに住めることに感謝。

Water crisis!? [Canadian Life]

DSC_0388.JPG

短い日程を楽しく、美味しく思いっきり楽しんだ東京の旅から帰ってみると、おかえり~とバンクーバーのサクラが迎えてくれました。のんびり時間に戻ってきました。

ところが昨日仕事から帰ると何やら水漏れの音が。私の住んでいるアパートでは1部屋毎に大きなタンクが設置されているのですが、なんと漏れているではありませんか!
外出中のダーリンに連絡し、古いタオルで濡れている部分を拭きどこから漏れているのかチェック。幸いなことに漏れ加減はそれほどひどくなかったので階下までは被害が及んでいないでしょう。

20分程経ってダーリンが戻ってきました。元栓をきつく締めると水漏れは停止。ところがキッチン、トイレ全て停止してしまうわけです。バケツ、大きなポットに水を貯めて一夜過ごすことに。

「僕はインド生まれだから、水をどう使うかは任せて」

そうなのよね。このような緊急時にパニックにならないダーリンと住んでいてよかった。体を洗うのも沸かしたお湯と水を混ぜたバケツ1杯で済ませられたのです。

インドの母が朝一番にすることは水を沸かすこと。生水が飲めない生活の知恵。湯冷ましを料理や飲料水として使い、食器を洗うのも1皿毎に洗うのではなく、まとめて水をうまく使って洗う。

今日はバケツ2杯で体も髪も洗ってすっきり♪ やればできる!
写真はインドの女性。ダーリン母は街中に住んでいるので、ここまで水に困っていないけれど、このような暮らしの人々もいるのです。
images (2).jpe


Water is life.

Earth Hour [Canadian Life]

Cd9HY4gW0AArWs5 (1) - Copy.jpg


Earth Hourは2007年より始まったWWF(世界自然保護基金)主催による国際的なキャンペーン。3月の最終土曜日に1時間電気を使わないイベント。2016年は3月19日現地時間20:30開始でした。

「僕らは皆一緒にこの惑星に住んでいるんだ」カナダ首相Justin Trudeauもtweet.

さて我が家は、TVもPCも電源入れっぱなし。夜11時のニュースで今日だったの!と気づいた間抜けさ。
トホホ。

Happy Birthday & St. Pat Day! [Canadian Life]

DSC_1939.JPG


3月17日はSt. Patrick Day.そして友人の誕生日。彼女のダンナ様より
「St. Patrick Dayを祝ってパーティーします。ドレスコードは当然グリーン!」とメールが送られてきました。彼女の家に着くと、見事なグリーンのデコレーション。
DSC_1926.JPG


ケーキもグリーン。ピスタチオ味のクリームで。
DSC_1960.JPG


いつものようにギターやピアノで歌が始まりましたよ。
DSC_2007-1.jpg


木曜夜だったので、翌日仕事の人も多いため早めに終わらせようとホストは務めたけれど、結局パーティー終了したのは午前1時。インドな人たち、そんなものです。 ハハハ。

Happy Halloween and.. [Canadian Life]

11484137.jpg


10月31日はハロウィーン。前日金曜日のオフィスでも少しだけ仮装をした同僚がチョコレートを配ったりと前夜祭。今年は土曜日が重なったこともあり、スカイトレインの各駅では警官達がスタンバイ。ショッピングモールでも子供達にキャンディやチョコレートを配る店もあり、コスチュームに身を包んだ子供達は大喜び。次期カナダ首相一家も写真のように楽しんでいます。

我が家はアパート住まいなので子供達がやってくることもなく静かなもの。夜はインドな友人宅のホームパーティーに招かれ、次から次へと近所の子供たちが訪れるのを初めて目の当たりにしました。

パーティーの主賓は先月誕生したベビィのお祝い。友人はダーリンがティーンエージャーの頃一緒につるんでいたというつながり。カナダで、しかも車で数分の距離に住むだなんて誰が想像したでしょう。

友人の姪っ子が作った特製ケーキ。詳細にこだわっているの、見えますか?
014.JPG


中身は甘さ控えめのチョコレートスポンジ。マジパンも柔らかな味わいで美味しく頂きました。

友人の息子は昨年シーク教徒の女性と結婚し、ベビィの母親である娘は宗教にこだわらないカナディアンと結婚。敬虔なカトリック信者である友人夫妻は略式の結婚式や、洗礼式をしない、という子供達に対して言葉もなし。それでも家族皆が幸せであれば、という思いなのでしょう。

カナダに住むということは家族の多様化でもあるのです。
前の10件 | - Canadian Life ブログトップ