So-net無料ブログ作成
検索選択
Vancouver Life ブログトップ
前の10件 | -

Found in town [Vancouver Life]

DSC_1224.JPG


偶然の出会いはいつでも嬉しい。ダウンタウンで見つけた赤いテーブルと椅子のスペース。どこかのカフェの席かな、と近づいてみると
DSC_1225.JPG

「貴方のために予約済です♪」と気の利いたメッセージ。誰でも自由に利用できる空間なのでした。

ふと通り過ぎてしまいそうなビルから視線を感じて振り返ってみると
download.png


Liss Galleryで開催中のBob Gruen写真展。熱いロッカー達の息づかいが聞こえてきそうな写真ばかり。John Lennonと交流のあった彼の写真には素顔のJohnが。画像は全てWEBより拝借。
Lennon_Silkscreen_Gruen_8876.jpg


絵画とは違う瞬時のアートである写真。出勤前の人々が思わず立ち止まってしまうエネルギーがそこにはありました。
nice!(0)  コメント(0) 

Summer party [Vancouver Life]

DSC_2941.JPG


毎年の夏の楽しみのひとつ、ダーリンの同僚達とのBBQパーティー。皆で事前に持っていく食べ物をエントリー。彼の家のパティオで数種類のスナックを楽しみながらおしゃべり。そしてメインのBBQ、
「今日はバーガーではなく、ホットドッグ。でもウィンナーではなくてパテを長く伸ばしたんだよ。ソースはクミン入りのヨーグルトソース」

すっかり写真を撮り忘れてしまったけれど、中東で食されるカバブのような味わいにクミン入りヨーグルトソースをオニオンをトッピング。とても美味しいものでした。

年に1,2回集う仲間達は10年以上繋がっています。デザートには8月生まれの友人達にローソクのともったケーキが登場。

Happy Birthday Girls!
nice!(0)  コメント(0) 

Yes, Yogatown [Vancouver Life]

DSC_1206.JPG


ヨガウェアで街を歩くのは当たり前となっているバンクーバー、今朝はやけに多いな、と思って歩いていると、ああ、このイベントだったのです。

バンクーバー発祥のヨガウェアブランドLululemon主催のハーフマラソンSeawheeze。前日は屋外ヨガやコンサートもありの楽しいイベント。ランナーでなくともコンサートだけのチケット購入も可能です。

さてさてヨギー達はかなりの人数。マットを敷けない人々が長蛇の列で待っていました。Child poseでリラックス。
DSC_1208.JPG


Downfacing dog. Om...
DSC_1210.JPG


「アタシはシャボン玉のほうがいいわ」
DSC_1207.JPG

nice!(0)  コメント(0) 

I'm being retired [Vancouver Life]

DSC_0407.JPG


街中の看板などで英語のユーモアや語呂合わせのあるものなどを見つけるとああ! と思わず笑いが。
こちらはスカイトレインの券売機。チケットシステムが変更になったのでこの機械は用なし。
「引退しました…」 だって。
nice!(0)  コメント(0) 

Summer Picnic [Vancouver Life]

DSC_2904.JPG


そして翌日はインドな友人達とピクニック。数日前に全員に送信されたメールからジョークを交えたやり取りが始まり、「私はXXを持っていく!」「じゃあ私はZZ」と次々とエントリー。発起人のJからの前日のメールは「飲み物と椅子は各自で持参して。メニューは以下の通り」と明瞭なメッセージ。いざ現地へ。

水際の公園は緑も豊か。既に数名がピクニックに訪れていました。
揚物、焼き物系のスナック類。偶然にコミュニティ内のケータリングに注文しているメンツもいて。
DSC_2903.JPG


携帯スピーカーを持参した友人は次々と皆のリクエストを聞いてiPhoneよりBGMを流し続けていきます。便利な世の中
ディナータイムにはMutton biryani, Potato, Spicy pork ribs, saladが手際よく並べられました。そう、インドな人々はピクニックもインド系で 笑。
DSC_2919.JPG


楽しく過ごしているうちに日が暮れてきました。
DSC_2921.JPG


山火事の影響で煙に包まれているバンクーバー。最近の夕日はオレンジよりもレッドに近い色合い。
DSC_2928.JPG

nice!(0)  コメント(0) 

Japanese potluck party [Vancouver Life]

DSC_1196.JPG


お友達つながりでバンクーバーに住む日本人宅のポットラックパーティーに出かけました。皆が持ち寄ったのは偶然に野菜が多くヘルシーな品々。ホストの女性はおいなりさんを山ほど作ってお出迎え。食べるのは10年以上ぶり! 懐かしい甘さです。
DSC_1198.JPG


他人の話を聞く、という体制で会話が続いていくのは日本人ならでは。話題は色々と上がったけれど、自己防衛というトピックはカナダ住まいならではですね。

元パティシェの女性は豪華なデザートも準備されていました。
DSC_1199.JPG

nice!(0)  コメント(0) 

Marine Building [Vancouver Life]

DSC_1191.JPG

金曜休みの朝に出かけたカフェはダウンタウンのオフィス街の素敵なビル内にあります。

1930年設立のMarine Buildingは1939年までバンクーバーで最も高いビルでした。アートデコの美しい建築が今でも残っています。

自動ドアではなく回転ドアから中に入ると見事なステンドグラス。時計の時刻は全て海の生き物たち。
DSC_1176.JPG


エントランスのタイルも海の雰囲気。
DSC_1173.JPG


歴史の浅い都市バンクーバーにもこのようなビルがいくつか存在します。街歩きの楽しみが増えます。
nice!(0)  コメント(0) 

How is your summer? [Vancouver Life]

DSC_1168.JPG


次々とバカンスに入る同僚達との会話の始まりは「How is your summer?」。カナダの雑誌の表紙に「60 days summer」と書かれているのを見てドキッとした私。7月も終盤に入り、夏も半分過ぎました。

猛暑という日々ではなく、ドライなバンクーバーの夏。既にBC州では150件以上の山火事が発生し、40000人以上が避難登録しています。被害が最小限に留まるように祈ります。

2017年の夏後半も元気に過ごしていきましょう~。

2017 Surrey Fusion Festival [Vancouver Life]

バンクーバー近郊では屋外イベントが毎週のように繰り広げられるこの季節、Surrey Fusion Festivalもそのひとつ。10周年を迎える今年は30ヵ国以上の各国のブースも大賑わい。移民の多い地区なので皆さんここぞとばかりに民族衣装を身に着けているのを見るだけでも楽しい。各ステージでは様々なパフォーマーが熱演。こちらはTAIKOのチーム。元気いっぱい。
DSC_1161.png


カナダの歴史のひとつでもある原住民のテント。中では手作りのビーズ細工等が販売されています。
DSC_1167.png


土曜夜のメインステージはPortuguese-Canadianの歌手、Nelly Furtado。彼女のステージだけを見るために夕方6時過ぎ頃からアルコールが飲める一角は大混雑。というのも入口で1人ずつIDチェックを行っているから。このイベントでは禁煙と案内が出ているにも関わらず、アルコールが入るとタバコを吸い始める人が次々と出てきました。カナディアンのモラルはゆるく、そもそもモラルってあるのか、という人々も多いのが事実。しかも吸殻は火を消さずに辺りに投げる彼等、山火事の原因は人災なのです。ステージが始まっているのに隣のテーブル席でタバコを吸っている人が気になったり、となんだか音楽に集中できないっ。
DSC_1165.png

約1時間のステージ、途中では大きなボールが観客に向けて投げられ、皆大喜びでトス!
DSC_1166.png


最後はとっても盛り上がって楽しかった~。

Summer in BC [Vancouver Life]

P1040223.JPG


カラリと晴れ渡る日々が続いているバンクーバー。BC州の一部では山火事のため14000人以上が避難中。消火作業も追い付かない程の被害となっています。美しく緑の多い土地は乾燥地域になっているのです。
幸いなことに私の住む地域は今のところ安全地帯。友人と共に夏のハイキングに出かけました。Deep Coveに到着したのは土曜朝10:30。既に駐車場満杯!「こんなの初めて!」と友人達もびっくり。
P1040224.JPG

目指すはQuarry Rock。
P1040226.JPG

こんな道を登っていきます。老若男女、ベビィも犬も…と誰もが楽しむのがカナダ流。
P1040227.JPG

30分程すると岩の頂上へ。木々に囲まれた場所から出ると日差しの暑い事!
P1040229.JPG

いい眺めです~。
P1040230.JPG

岩から降りて近くのコーヒーショップで休憩した後は車で15分程のLynn Cannon Parkへ。
P1040234.JPG

またもや駐車場満杯! 入口からかなり離れた場所に車を停めることに。バンクーバー近辺の週末、皆行くところが似ているようです。
こちらのメインは吊り橋。ここもまた大賑わいで 笑。
P1040241.JPG

少し歩いていくと渓谷に。澄んだ水はひんやりと冷たく。
P1040237.JPG

高い岩に登ってダイビングをするのが有名らしい。写真中央のオジサン、2回転飛込みを何度も決めて観客も大喜び。
P1040238.JPG


川べりは大混雑状態でちょっとびっくり。
P1040239.JPG


以前はもっとマイナーな場所だったようです。きっとガイドブックなどで宣伝されているのでしょう。アジア系観光客も多く訪れていました。

街の中心街から2-30分程でこのような場所に行けるバンクーバー。街は自然の中にあるのです。
初めて行くことができた今日のトレイル。連れて行ってくれた友達に感謝です♪
前の10件 | - Vancouver Life ブログトップ