So-net無料ブログ作成
Food & wine ブログトップ
前の10件 | -

Something new for lunch [Food & wine]

DSC_1422.JPG


朝のヨガレッスンで気持ち良い汗をかいた後は温かいコーヒーが飲みたくなる。

今日は何を食べようか? プレーンクロワッサンは売り切れ。目に入ったのはハラペーニョ、ドライトマトをフィリングに、チーズのかかったクロワッサン。

軽いランチにぴったりの不思議で新しい味わいでした。


nice!(0)  コメント(0) 

Dine Out Vancouver 2018 [Food & wine]

DSC_1423.JPG


バンクーバー近郊のレストランが特定価格(ディナー上限$40)で提供するイベントDine Out Vancouverは通常は敷居が高いレストランをリーズナブルに体験できるまたとなチャンス。グルメなお友達が予約してくれたのはWest.
バーカウンターのディスプレイもいいですね。

アペタイザーはLIGHTLY SMOKED COHO SALMON。
DSC_1424.JPG

メインはGRILLED AAA BEEF FLAT IRON。ジューシーな焼き上がりと質の良いお肉に思わず「美味しいっ」と大喜び。
DSC_1425.JPG


美味しい食事は人生を豊かにしますね。デザートはBROWN BUTTER HAZELNUT GATEAU。
DSC_1426.JPG


レストランでの食事をワインと共に楽しむ、という事に興味がないダーリンとの暮らし。ディナーに出かけるという機会が殆ど無いので、とても新鮮でした。そして東京暮らしだった頃は当たり前のように出かけていた事を懐かしく思い出したり。

贅沢時間を味わいました。ありがとう~。
nice!(0)  コメント(2) 

Ramen in downtown [Food & wine]

DSC_1392.JPG


アジア系の人々が多いバンクーバー、食材だけでなくレストランもバラエティに富んでいます。
日本のラーメン店もいくつか出店しています。何故か今まで食べはぐれていたので、今日は初挑戦。
先日の招待ランチの日本料理店と同じグループのGyoza Barに行ってみました。マーケティング担当者が強く勧めていたのでね。

「いらっしゃいませ!」と元気な呼び声で迎えられた店内は満席。数分待って案内された両隣はカナディアングループ。アジア料理、すっかり溶け込んでいますね
体が温まりそうなSpicy Aka Tonkotsu Ramenを。

写真からも分かるようにリッチな味わい。更にコチジャンのような辛み味噌を混ぜながら食べます。
麺が美味しい!チャーシューも入っています。程よい量で満足。

さて、気になるお値段ですが、チップも込みで計算すると$15 むー、ダウンタウン価格です。 
nice!(0)  コメント(0) 

On Commercial Dr [Food & wine]

DSC_1379.JPG

友達とのランチをBandidas Taqueriaで。12月の週末のせいかかなりの人が待っています。私達も20分程待ってようやく席に案内されました。
カジュアルなメキシカンレストラン。その名もMexican Breakfastを注文。 トマトサルサ、キャベツ、アボカドと野菜に溢れ、更にメキシカン料理に欠かせないPinto beansの煮込み、トルティーヤ、卵(好みに調理してくれる)とボリュームたっぷり。

友達はThe Breakfastを。コーンブレッドが美味しかったそうです。
DSC_1381.JPG

QUESADILLAもボリュームたっぷり。
DSC_1380.JPG

最近のバンクーバーのランチ価格は少々高め。ところがこのレストランはとても庶民的な値段。道理で人気なわけです。

食後のコーヒーはBakery Sateで。こちらのクロワッサンは絶品です。が今日はCream Puffを。シュークリームのようだけれど、固めの皮がとても美味しかった。
DSC_1383.JPG


こちらも庶民的なお値段で次から次へとお客さんがやってきます。お土産に買ったバゲッドもとても美味しかった。
DSC_1382.JPG


レストラン、カフェ、食材店等が並ぶCommercial Driveは歩いていて楽しい場所。住んでみたい場所のひとつです。
nice!(0)  コメント(4) 

Sweet breakfast [Food & wine]

DSC_1369.JPG


久しぶりにクリスマス向けにケーキでも焼こうか、と材料を買いに行ったスーパーで目に入ったのはPanettone. これならいいかも、と予定変更。
フワッと柔らかで、ドライフルーツもたっぷりで、ほんのりとした甘さで、美味しすぎる! 朝食にもぴったり。

ということで今週は毎日朝から血糖値上げています。 笑。

Have a great weekend!
nice!(0)  コメント(0) 

Nouveau Japanese cuisine [Food & wine]

DSC_1370.JPG

10月にボス達がディナーの場所に選んだのはダウンタウンにある日本料理レストラン。予約手配は私の仕事だったので、その後イベント担当者とのやり取りがあり、実は行ったことがない、と伝えるとランチに招待されてしまいました。同僚の秘書SaraとともにGO!

女子2人で楽しくランチ~、と思いきや、イベント担当者とディレクターが入口にてお出迎え。
ビジネスランチの始まり、始まり。

「この日のためにシェフが特別に選んだメニューです」
有田焼のお皿に乗ってきたのは美しいサーモンとマグロの刺身。ハラペーニョソースと柚子みそソースで頂きます。

プレゼンテーションから初めての味まで驚き尽くし。そして次に運ばれてきたのはこれまた美しい小鉢料理。左よりアリオリソースで焼き上げたロブスター、タラの西京味噌焼き、サッポロビールを混ぜた粉で揚げた海老のフリッター、海藻サラダ。
DSC_1372.JPG


まず食べ始めたのは付け合わせの胡麻和え。西京味噌焼きも甘く、胡麻和えも甘く、カナディアンに受けるんだろうな、と思いつつ噛みしめて。
月曜のランチタイムの店内はビジネスランチ風の人々から家族連れで満席。カナダのトップレストランの上位に入る人気の店なのです。

向かいに座ったディレクターは大阪で日本学を学んだ人。日本語もチラリと混ぜながら「日本食を家で作るのですか?」と尋ねられたのでダンナがインド出身で何かとスパイシーなものばかり、と答えると
「インド? どこ出身?」「Goa」「ええっ? ボクはNew Delhiです。Goaの料理は一味違いますよね」
とまたまた盛り上がってしまいました。食は文化なり、なのです。

そしてこのレストランの名物メニュー、炙り寿司。シーフードの上に特別ソースをかけ、炙ったもの
DSC_1373.JPG


1つ1つが全く違う初めての味わい。カナディアンのSaraは感嘆符ばかりで感無量状態 笑。
オフィスに戻らればならない私達、デザートはテイクアウトにしてもらいました。

後から気づいたのは、全く醤油味がなかったこと。新日本料理とでもいいましょうか。
お刺身はシンプルにワサビとほんの少々の醤油、もしくはレモンで食べるシンプルなほうが好みかな。

MIKU
70-200 Granville Street
nice!(0)  コメント(2) 

Treat after yoga [Food & wine]

DSC_1348.JPG

私の通っているヨガスタジオの向いにあるPure Bread。選ぶのが一苦労なバラエティ。
DSC_1346.JPG


どれも皆甘そうなものばかり。チーズ、スパイスが入ったものもあったけれど、今日はlavender & earl grey sconeを。このスコーン、ナイフとフォークで食べてもいい大きさ!
DSC_1347.JPG

アイシングの砂糖は食べたくないのでチマチマと削りながら頂きました。久しぶりに食べて思いだしたのは日本のベーカリー。オフィスビルの1階のベーカリーはいつも焼きたての味わい。ウィンナーが入ったもの、チーズパン、フォッカチャ等ランチで食べられるものが美味しかったなぁと。

カナディアンはやっぱりパンでも甘いのが好みなのかな?
nice!(0)  コメント(0) 

My favorite breakfast [Food & wine]

DSC_1343.JPG


人生に欠かせないものは友人、ワイン、音楽と様々あれど、ピーナツバターもそのひとつ。笑
私の好みはクランチーで砂糖の入っていないもの。これさえあれば朝からパワーチャージ。
今日はバナナも加えてボリュームたっぷり。

ちなみにダーリンはピーナツバター嫌いなので、私一人で完食しています。ハハハ。

Have a great weekend!
nice!(0)  コメント(4) 

Right lunch [Food & wine]

DSC_1337.JPG


雨の切れ間に出かけたカフェ。初めてランチメニューを注文してみました。トーストの上にはたっぷりのアルグラ、チェリートマト、チーズがガーリックの効いたオリーブオイルのドレッシングで。

DSC_1340.JPG


サラダのような感覚で食べ応えも大満足。コーヒーよりもワインが合いそうなトーストでした。
nice!(0)  コメント(0) 

Bistro lunch [Food & wine]

DSC_1310.JPG


雨の降り続いた日々の後は青く広がる秋の空。
週末の楽しみのカフェ巡りとは違うレストランに挑戦。夜は敷居の高いフレンチもランチならば気軽に入れるから。

Gastownの一角にあるJules Bistro.窓際の席を案内されました。
「水はプレーンか炭酸水があります」「じゃあ炭酸水をお願い」
本日のメニューの説明があり、悩んだ挙句Quicheを。今日はasparagus & Brie cheese。付け合わせはサラダかフレンチフライ。「半分ずつにします?」と気の利いたオファーに嬉しい驚き。のんびりと水を飲みながら窓越しの景色を楽しむ一時。楽しい待ち時間です。

そして登場したQuicheがたっぷりのサラダとフレンチフライと共に。
DSC_1311.JPG

豊かなバター風味の生地はタルトのようにサクサクとした歯触り。ニンニクの香りが香ばしいフィリングはたっぷりのアスパラガス。揚げたてのフレンチフライは油っこさが全くなくいくらでも食べられそうな出来。素晴らしい!
流れるJazzのBGMを楽しみながら、美味しく豊かな時間が過ぎていきます。カジュアルな暮らしも楽だけれど、たまにはレストランできちんと食事をすること、大切ですね。

程よいタイミングでグラスに水が注がれるのも贅沢な気分。食後にはアメリカーノを。淹れたての滑らかで濃い味わい。これまた美味しい!
チップも弾んじゃおう!と優雅なマダムな気分に浸りつつ会計金額を見ると「水:$5.00」ああ、無料ではなかったのね。笑。まあ、たまには良しとしましょう。

クレジットカードを差し込み、金額を確認し、チップは15%かな、とボタンを押して...あ? チップを払いたいのにそのままの金額で支払終了。しまった! コインはないか、と財布を見ると全くなし。

優雅マダムから倹約オバチャンに変身の巻 でした。 トホホ。

Jules Bistro
216 Abbott street
Vancouver
nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | - Food & wine ブログトップ