So-net無料ブログ作成
Food & wine ブログトップ
前の10件 | -

Treat after yoga [Food & wine]

DSC_1348.JPG

私の通っているヨガスタジオの向いにあるPure Bread。選ぶのが一苦労なバラエティ。
DSC_1346.JPG


どれも皆甘そうなものばかり。チーズ、スパイスが入ったものもあったけれど、今日はlavender & earl grey sconeを。このスコーン、ナイフとフォークで食べてもいい大きさ!
DSC_1347.JPG

アイシングの砂糖は食べたくないのでチマチマと削りながら頂きました。久しぶりに食べて思いだしたのは日本のベーカリー。オフィスビルの1階のベーカリーはいつも焼きたての味わい。ウィンナーが入ったもの、チーズパン、フォッカチャ等ランチで食べられるものが美味しかったなぁと。

カナディアンはやっぱりパンでも甘いのが好みなのかな?
nice!(0)  コメント(0) 

My favorite breakfast [Food & wine]

DSC_1343.JPG


人生に欠かせないものは友人、ワイン、音楽と様々あれど、ピーナツバターもそのひとつ。笑
私の好みはクランチーで砂糖の入っていないもの。これさえあれば朝からパワーチャージ。
今日はバナナも加えてボリュームたっぷり。

ちなみにダーリンはピーナツバター嫌いなので、私一人で完食しています。ハハハ。

Have a great weekend!
nice!(0)  コメント(4) 

Right lunch [Food & wine]

DSC_1337.JPG


雨の切れ間に出かけたカフェ。初めてランチメニューを注文してみました。トーストの上にはたっぷりのアルグラ、チェリートマト、チーズがガーリックの効いたオリーブオイルのドレッシングで。

DSC_1340.JPG


サラダのような感覚で食べ応えも大満足。コーヒーよりもワインが合いそうなトーストでした。
nice!(0)  コメント(0) 

Bistro lunch [Food & wine]

DSC_1310.JPG


雨の降り続いた日々の後は青く広がる秋の空。
週末の楽しみのカフェ巡りとは違うレストランに挑戦。夜は敷居の高いフレンチもランチならば気軽に入れるから。

Gastownの一角にあるJules Bistro.窓際の席を案内されました。
「水はプレーンか炭酸水があります」「じゃあ炭酸水をお願い」
本日のメニューの説明があり、悩んだ挙句Quicheを。今日はasparagus & Brie cheese。付け合わせはサラダかフレンチフライ。「半分ずつにします?」と気の利いたオファーに嬉しい驚き。のんびりと水を飲みながら窓越しの景色を楽しむ一時。楽しい待ち時間です。

そして登場したQuicheがたっぷりのサラダとフレンチフライと共に。
DSC_1311.JPG

豊かなバター風味の生地はタルトのようにサクサクとした歯触り。ニンニクの香りが香ばしいフィリングはたっぷりのアスパラガス。揚げたてのフレンチフライは油っこさが全くなくいくらでも食べられそうな出来。素晴らしい!
流れるJazzのBGMを楽しみながら、美味しく豊かな時間が過ぎていきます。カジュアルな暮らしも楽だけれど、たまにはレストランできちんと食事をすること、大切ですね。

程よいタイミングでグラスに水が注がれるのも贅沢な気分。食後にはアメリカーノを。淹れたての滑らかで濃い味わい。これまた美味しい!
チップも弾んじゃおう!と優雅なマダムな気分に浸りつつ会計金額を見ると「水:$5.00」ああ、無料ではなかったのね。笑。まあ、たまには良しとしましょう。

クレジットカードを差し込み、金額を確認し、チップは15%かな、とボタンを押して...あ? チップを払いたいのにそのままの金額で支払終了。しまった! コインはないか、と財布を見ると全くなし。

優雅マダムから倹約オバチャンに変身の巻 でした。 トホホ。

Jules Bistro
216 Abbott street
Vancouver
nice!(0)  コメント(0) 

Busy cafe in town [Food & wine]

DSC_1244.JPG

バンクーバーでParisの気分を味わえるカフェ。クロワッサン&アメリカーノを味わっていると、外のパティオ席にはフードツアーらしきグループが判を押されたようにクロワッサンとコーヒーを味わっています。10分程すると次のグループに入れ替わり、更に次のグループに。この日見かけたのはシニアばかり。

そうこうしているうちに店内にも入ってきました。トイレに行って席を外しているうちに私のテーブルにはシニアのおばちゃま2人が座っているではありませんか。テーブルの上には本を置いておいたのに!
「ガイドに案内されて座らされたの」と自らの責任ではないことを主張。まあ私も店を出ようと思っていたので丁度よいタイミングだったのかも。
DSC_1245.JPG


バタバタと追いやられたカフェでした。

Thierry
1059 Alberni street
nice!(0)  コメント(0) 

Bel Cafe [Food & wine]

DSC_1222.JPG


Rosewood Hotel内のBel Cafeは出勤途中の人々や観光客で朝から忙しく、元気なエネルギーが行きかう店内。

ここのクロワッサンはリッチなバター風味とパリッとした焼き上がりで、とても美味しいのです。
DSC_1221.JPG


余りに忙しいからか、バンクーバーでは珍しく笑顔のない店員の応対にちょっとがっかり。でもクロワッサンの美味しさにプラス・マイナス ゼロとしましょう。

Bel Cafe
801 W Georgia Street
Vancouver, BC
nice!(0)  コメント(0) 

Paris in Vancouver? [Food & wine]

DSC_1203.JPG


週末のお楽しみのカフェ巡り、美味しいクロワッサンが食べたくて訪れた久しぶりの場所。
Parisの雰囲気を設定しているけれど、大きな違いはカフェの量と濃さ。並々と注がれた薄めのカフェ。そしてクロワッサンには小さなジャムが添えられフォーク&ナイフも。えっ、ジャム? 使わないのでカウンターにそっと返却。

大雑把なバンクーバーならでは。笑。でも味はイケるのですよ。

Faubourg
769 Hornby Street
nice!(0)  コメント(0) 

Summer noodle! [Food & wine]

DSC_1187.JPG


パリ在住のマダム秘伝のレシピに習って作ってみました、冷やし中華。

家にあったのは中華麺ではなくwhole wheat spaghettini。まあ、それでも10年以上ぶりに作るので食べる前から楽しくって。お酢を多めにさっぱりとしたタレに感激。ごま油が決め手ですね。

日本にいた頃は、切りゴマをトッピングに、紅ショウガものっていたかな? 麺を食べつつあれこれと考えつつ。夏になると母親が作ってくれたな、等と思い出しながら楽しく美味しく頂きました。

Merci,ラパンさん。

Samosas! [Food & wine]

DSC_1183.JPG


インド系移民が多く住むSurrey、中でも120thの道沿いにはレストランはもとより、インド食材店、衣類、バンケットホール、ジュエリーショップ(22Kゴールドが主体)等々とインドな人々の生活に関わる全てが揃ってしまうのです。

食べ物が大好きなインドの人々、この地区のレストランは激戦区。口コミで「XXのYYカレーは今一つ」とTwitterのような噂が広がると誰も行かなくなるのです。
その中でユニークなのはサモサ専門店Golden Samosa.店頭で通常購入できるのはポテトフィリング。チキン、ベジタブル、ビーフは事前注文が必要です。店によっては巨大サイズで油っこく胃がもたれてしまうものもあるけれど、この店はサイズも丁度良く、スパイシーなフィリングも美味しいのです。
DSC_1184.JPG


店に入ると数名が大量に購入していました。私も2ダース大人買い。次の客も1ダース注文、と次から次へと売れていきます。小分けにして冷凍保存もできる便利なスナック、サモサ。Surreyにお立ち寄りの際にはぜひ。

Golden Samosa
#111,12025, Nordel Way, Surrey

Nemesis Coffee [Food & wine]

DSC_1155.JPG

週末の楽しみのカフェ巡り、気になるNemesis Coffeeで一休み。Simon Fraser Universityのビル内なので時間帯によっては学生達で埋まってしまうけれど丁度良い時間帯で席を見つけました。広々とした明るい店内。
DSC_1152.JPG


Americanoと軽食にOlive & paste twistを。
DSC_1153.JPG


Americanoの色を見てちょっとイヤな予感。一口飲んでみると、ああ、やっぱり。薄い!
ぐっと染みるような濃い味わいを期待していたのでがっかり。店内はいつまでも座っていたい雰囲気なのに残念。
DSC_1154.JPG


Nemesis Coffee
302 W Hastings St
前の10件 | - Food & wine ブログトップ