So-net無料ブログ作成

Mahler Symphony No. 2 [Music]

mahler-duotone-1.png


Vancouver Symphony Orchestraの音楽監督を18年間務めたBramwell Tovey氏の最後のコンサート。
豊かな演奏と共にBritish Englishで語る彼のユーモラスな解説を事ある毎に楽しんできたので、淋しい気分。それでも18年間も携わっていたのですね。お疲れさまです。

さて最後の曲目は
Jocelyn Morlock "O Rose" world premiere
Mahler Symphony No. 2

世界初演という曲を数多く紹介してきたTovey氏。これは次世代の作曲家達にとって大きな機会となっっています。
休憩をはさんでいよいよマーラー。初めて聴きます。演奏が始まる前に「楽章の途中では拍手をしないでください」とアナウンスがありましたが、さて、バンクーバーの観客達、どうなるか 笑。
5楽章から成る交響曲第2番。大編成のオーケストラに合唱、更にメゾソプラノ、ソプラノの独唱も加わり、演奏時間は70-80分に及ぶ超大作。

劇的な始まりによる1楽章、弦楽器の動きが美しい2楽章。そして軽やかな3楽章でホッと一息。何となく聞いたことのあるメロディもあり、ああ、これがマーラーだったのね、と気づいたり。
メゾソプラノの独唱で始まる4楽章は5分程。そして終楽章へ。

これが...長い。途中トイレに席を立つ人が数人、携帯も2件鳴り響き、あらら、と思っていると膝の上の私のバッグの隙間から何かが落ちてカランカラン、と物音が。Ouch!
心を落ち着けて演奏に集中しよう!始まったのは神秘的な合唱。思わず鳥肌が立ちそうな緊張感です。
「復活」とはキリストのことなのかな、いやでもマーラーはそうではないはず、と余計なことも頭を廻りながら演奏を楽しみました。

後で解説を読むと宗教よりも「生と死の輪廻」がテーマなのですね。それにしても長かった。
合唱に参加しているお友達は3日連続出演、おつかれさま~。
nice!(0)  コメント(0) 

Shania Now [Music]

c975c024-db43-49b0-a185-158125e350af.jpg


カナダ出身のカウントリー・シンガーShania Twainのコンサートに行ってきました。80年代より歌手活動を始め、数々のヒット曲を飛ばしグラミー賞にも輝いた彼女の歌はとてもポピュラー。
日差しの眩しい午後でしたが、ブーツを履いている女子も多かったです。
DSC_1549.JPG


ステージ正面の席に着くと目の前には野太い電源コードが思いっきり邪魔をして...涙。
DSC_1551.JPG


8時開演と同時に始まったのは前座の男性歌手。30分程歌って「Are you ready for Shania Twain?」と
盛り上げてくれました。その後30分程ブレイクがあり、彼女が登場したのは9時。

新旧取り混ぜたナンバーと、ダンサー達のスタイリッシュな動きは野暮ったいカウントリーではなくポップな感覚。親しみやすい歌声とパフォーマンス。彼女のファンが多いのもうなずけます。
観客も年配の人々からガールズまで年代も幅広く、一緒に歌って踊って。ダーリンも盛り上がっていたのでよかった。

この会場はアルコール持ち込み可なので、演奏途中でも飲み物を買いに行ったり、トイレに行ったりと出入りが多く、カナディアン・ガールズ達の酔っぱらいぶりを観るのも面白かったです。

帰りのスカイトレイン内でもガールズ達、盛り上がっていましたよ。
nice!(0)  コメント(0) 

Wind of Spain [Music]

17MWD05_concert01.jpg

Vancouver Symphony Orchestraのコンサートに久しぶりに行ってきました。メニューはスペインに因んだ選曲で期待が高まります。

De Falla: El amor Brujo (Love, the Magician) Suite
De Falla: Nights in the Gardens of Spain
Ravel: Spanish Rhapsody
Ravel: Bolero

Conductor: Jun Markl
Piano: Ingrid Fliter

ステージに向かってかなり左寄りの席だったので響きが偏った感じもしたけれど、指揮者の表情は良く見えてとても興味深かったです。
小曲集ではノリのよいバンクーバーの人々、盛り上がった場面で思いっきり拍手。そしてダイナミックなピアニストの演奏も美しい2曲目が終わると「ブラボー!」の声が。

休憩をはさんで後半はラベル。スペイン・バスク地方出身の母親が口ずさんでいたスペイン民謡が影響した「スペイン狂詩曲」。体が思わず動いてしまうようなメロディー、そしてパーカッションが大活躍のリズムの響き、とまたまた大喝采。

そして待ちに待った「ボレロ」。あまりにもpppで始まったので気づかずにおしゃべりをしている観客もいましたが。笑。
この日は予想していたよりもテンポが速く、サラりと流れていきます。それでもソリスト達は聞かせどころをもったいぶって吹くのが常なので(これはアマチュアだけ?)指揮者は調整が大変そうでした。
でもそこは流石プロ、淀みない流れを最後まで保って盛大なフィナーレへ。
ラベル、いいですね。
nice!(0)  コメント(0) 

Back ground music [Music]

download.jpg


仕事や勉強に集中するために音楽を聴きながら、というのは効果的と言われています。
ところが私の場合は音楽に耳が集中してしまうので、タイプをミスしてしまったりと逆効果になり、全く集中できません。笑。

只今自宅でダーリンの仕事を手伝い中。数字入力が多いのでミスは許されません。
そんな時間のBGMにはBachを。きめ細かく正確なリズムとフレーズが頭をすっきりさせ、音楽よりも手元に集中することができます。

流石Bach様、感謝!
nice!(0)  コメント(4) 

Relaxing music [Music]



アジア系のスパで流れてくるBGMは水のせせらぎに混じって笛(フルートではなく)の音、時には琴のような音もあり、癒されているようないないような中途半端な気分。

キラキラ光る海を眺めながら照り付ける日の光に体を委ねるようなBGMは? 
そう、Bossa Novaだったら気分も体もふんわりと漂いそう。

妄想状態のマッサージの一時でした。笑
nice!(0)  コメント(0) 

Mahler 8 [Music]

DSC_1441.JPG


マーラー作曲「交響曲第8番」は通称「千人の交響曲」と言われ、大編成のオーケストラに加え8人のソリスト、そして子供も含めた複数の合唱団で演奏されるもの。
そんな大曲をバンクーバーで演奏? ええ、やってしまいました。総勢約250人だけれどステージは超満員でした。

オーディションなしで参加可能と言われて、おっかなびっくりで参加した私、練習初日からその楽しさにハマってしまいました。歌は自分の耳が頼り。楽器演奏よりも更に神経を集中させていくことの気持ちよさ。ドーパミンがグングンと流れていくような感覚です(笑)

合唱メンバーは長年所属している人が多いようで、隣で歌っていた女性は40年選手、段差のあるステージを息を切らして登っているおじいちゃんもいます。

プロが演奏するホールでアマチュアも楽しめるというのもバンクーバーならではなのでしょうか。チケット料金は25ドルから(約2000円)にも関わらず多くの観客が集まりました。これにもビックリ。
オーケストラはWest Coast Symphony.レベルの高いアマチュアオケ。丁度ホルンの後ろの位置だったので惚れ惚れと聞いていました。もと楽器吹きとしてはどうしても耳が行ってしまうのよね。

10数年ぶりにステージに立つ感覚。ああ、これ、これ! と嬉しくなってしまいました。
2小節音が取りづらいところは本番も今一つだったけれど、なんとか最後まで持ち応えてフィナーレ。
温かいバンクーバーの観客の人々、総立ちで拍手してくれました。

前日のリハーサル時にメンバーより手渡されたもの。何とThank youメッセージ。
DSC_1445.JPG


「また一緒に歌えるように♪」

大きなきっかけを作ってくれたお友達に大、大、感謝。
nice!(0)  コメント(4) 

L'Elisir d'Amore [Music]

18elisir-1-master768.jpg

愛が溢れる2月のMET HD LIVEはDonizetti "L'Elisir d'Amore"愛の妙薬。

美しい農場主Adinaに恋い焦がれる青年Nemorino.彼にはけんもほろろなAdinaはパリから立ち寄った軍曹Belcoreの求愛によろめいてしまう。

ある日村に薬売りDr.Culcamaraがやってきて万能な薬を手頃な値段で村人達に売りつける。トリスタンとイゾルデの愛の妙薬のような薬はないのか?と藁にもすがりたいNemorino。Dr.はそんな彼に「これを飲めばたちまち恋におちる」とある瓶を渡す。実はこれは安いボルドーワイン。飲み心地の良さにすっかり舞い上がったNemorino.Adinaの愛を得ることができるか?

South Africa出身のソプラノPretty Yendeは新鮮な魅力と素晴らしい歌声で観客を魅了。
18elisir-2new-blog427.jpg


軍曹、Dr.も脇役というより主役級の素晴らしさ。そして何と言っても注目はメロメロに恋しているNemorino役のMatthew Polenzani。明るく楽しい曲が多い中、唯一短調のアリアを切々と美しく歌い上げます。



ハッピーエンドなこのオペラ、バレンタインにカップルで観るのもいいかも。

Donizetti  "L'Elisir d'Amore"
Conductor: Domingo Hindoyan
Adina: Pretty Yende
Nemorino: Matthew Polenzani
Belcore: Davide Luciano
Dr. Dulcamara: Ildebrando D'Arcangelo
nice!(0)  コメント(0) 

Practice, practice [Music]

DSC_1431.JPG


Practice, practice. ヨガではなく別の練習にハマっています。

バンクーバーの合唱団に所属している友人に誘われて気軽にOKしてしまった演奏会。
なんちゃって讃美歌隊位の経験者の私、大丈夫か?...と練習に参加してみると、楽しい!
音楽好きの人々が集まる時間は集中そのもの。後ろのバリトンのおじさんの声に「難しいのを良く歌っているなぁ」と感心したり、隣のソプラノのお姉さんのパワフルな声に圧倒されたり、と毎回新発見。

趣味があるってこんなに楽しかったのか、と以前の自分を思い出しました。
バンクーバーで文科系の趣味を続けるのは日本とは事情がかなり異なります。レベルはもちろんのこと、地の利の良さ、規模、そして自分がその団体で楽しんでいけるか、等々。

演奏会まで後2週間。楽しんでいきましょう~。
nice!(0)  コメント(4) 

Angels We Have Heard on High [Music]



人々が音楽に包まれて...感動のビデオです。
Coming coming....
nice!(0)  コメント(0) 

Little Drummer Boy [Music]



Cool & hotなサウンドをお楽しみくださいませ♪
nice!(0)  コメント(0)