So-net無料ブログ作成
Entertainment ブログトップ
前の10件 | -

Nite in GOA 2017 [Entertainment]

DSC_3140-1.jpg

在バンクーバー・ゴア出身者コミュニティが開催するNite in GOA。今年はゴア出身の有名歌手Lornaを招いての大イベント。主催者グループに関わっている友人達は企画はもとより、エアチケット手配、空港への送迎、彼女等の家に滞在手配と大忙し。ステージ手配の友人はインド・ゴアをイメージとするヤシの木やボートのオブジェを。テーブルコーディネートは本物のココナツを使ったキャンドルセット。貝殻や砂までセットしているこだわりよう。

DSC_3139-1.jpg


参加者殆どが踊りたがるのでダンスフロアは大混雑。
DSC_3155-1.jpg


そしていよいよ大御所Lornaの登場。71歳の彼女、パワフルな歌声で観客を圧倒していきます。
DSC_3192-1.jpg


1970年代にヒットを連ねた彼女の曲の数々は今でも歌い継がれ、世界に散らばるゴア・コミュニティを訪問し、活動を続けています。観客も一緒に歌い、踊り、大盛り上がり。
「ビデオ撮影はせずに席に座って聴いて下さい」というアナウンスにも関わらず、皆自分のスマートフォンで撮影、録画し放題。ステージ終了後は彼女との撮影タイムも設けられていました。

さてさて、この日はインドな装いで。アクセサリーもインドで購入したじゃらっと系。
DSC_1317.JPG

nice!(0)  コメント(0) 

Bard on the Beach [Entertainment]

DSC_1255.JPG


バンクーバーの夏の風物詩、シェークスピアの野外劇場公演Bard on the Beach、毎年楽しみにしているイベントのひとつ。今回はMuch Ado about Nothingを。

舞台は1959年のイタリアにひとっ飛び。フェデリコ・フェリーニ監督 映画「Dolche la vita」をモデルとした演出。役者たちは当時の雰囲気を醸し出す衣装とメイクアップ。シェイクスピア劇というよりもモダンかつレトロな設定。


この劇場は舞台と観客の間が近いので、臨場感を手に取るように楽しめるのが魅力。時代を超えた演出ではあっても、そこはシェイクスピア。400年の時を超えても男女の想いの行き違いや勘違いを違和感なく楽しめます。

昨日とは打って変わり気温がぐっと15度まで下がった今日。舞台中央から見える景色も寒々~。
DSC_1257.JPG


更にテントの屋根に響く雨音も激しくなり、シニアの観客達はブランケットにくるまっていました。

来年への教訓:7月か8月の公演に行こう!
nice!(0)  コメント(2) 

Music night [Entertainment]

DSC_2891-1.jpg


インド・ゴアの人々は音楽好き。400年間ポルトガル領であったので西洋文化の影響を色濃く受け、彼等の音楽は独自のスタイルがあります。

ゴア出身の歌手Sabyがアラスカ・クルーズ乗船のためバンクーバーに立ち寄るのに際し、バカンスの前夜にコンサートが開かれました。コンサートと言っても、皆一緒に歌って、踊って、とカジュアルなもの。歌が始まるや否やダンスフロアは満杯に。

スローな曲では次々とカップルで踊りだす人々。
DSC_2870-1.png


初めて彼等の集まりに出かけた際、皆きちんとジャイブ、ワルツ等を踊りこなしているのに驚いたものです。ダーリンいはく、両親も皆踊り、お父さんは名手だったそうで、子供の頃から皆ステップを習っていたのだそう。

写真からもわかるようにこの日の観客は年齢が少々上でした。彼等の子供達はこのように踊ることができるのか? ノスタルジックな集まりでもありました。
nice!(0)  コメント(0) 

Old is Gold [Entertainment]

DSC_0950.JPG


Engelbert Humperdickのチケットが手に入ったから! と友人に誘われて出かけたコンサート。場所はカジノ内の劇場。

DSC_0951.JPG


名前を聞いたこともない歌手だけれど、60年代、70年代のヒットを飾った人気歌手だそうで。ダーリンを含む友人達は力を込めて彼のヒット曲の素晴らしさを語ります。

ダンサー&コーラスグループを含むバンドの演奏に合わせてEngelbertが登場。御年80歳とは思えないパワフルな歌声とウィットの効いた動きにプロの誇りを感じます。
「今日は風邪をひいてしまって声がいまひとつです」と観客に説明。
「それでも風邪声のほうがよかった、なんて言わないで下さいね」とジョークも忘れずに。
「今年は歌手生活50周年! 50年だよ! 信じられる?」と元気な彼。

2曲目、3曲目と進むうちに調子が良くなってきたようでジャケットを脱いで真っ赤なシャツを露わに。昔の女性ファン達(今はシニアね)がWowと大騒ぎ。ステージとの一体感も高まります。

The Last Waltz, Release Me と懐かしのメロディが続きます。日本語でも昔に歌われていましたね。「50年も歌っているんだよね、コレ」と笑いを取るエンタメぶりは流石。アンコールでは新曲も混ぜて体調の悪さも吹き飛ばしてしまうように歌いこなした1時間30分。最期は真っ赤なバスローブを着せられて「もう歌えないよ」のジェスチャーでステージを後にしました。

小ホールならではのくつろぎ感を楽しんだ一時。スマートフォンでの撮影、録画をする人々は絶えなかったけれど、そういう時代になってしまったのですね。

And Oscars goes to... [Entertainment]

28oscars-ticktock-2-master768.jpg


映画界最大と言っても過言ではないアカデミー賞授賞式。昨夜のどんでん返しはジョークではなく、本当に起こってしまった茶番劇。しかもクライマックスの最優秀映画賞で。

「La La Land!」とアナウンスされて喜びのスタッフ一同がステージに上がり、受賞スピーチをしている途中で中断。喜びのスピーチから「ジョークでなく、最優秀作品は「Moonlight」。同業者としてとても嬉しいです」と混乱の中、立場を変えて称賛の案内に変えるLa La Landのプロデューサー。素晴らしかった。
混乱の中、喜びのMoonlightスタッフ。
5368.jpg


この日北米ではOscar Partyと言って、スナックをつまみながらTVを楽しむ人々が多いのです。我家でもダーリンはビール、私はワインを飲みながら色々と揃えてみました。
まずはインド食材店で見つけたスパイシーなスナック。
DSC_0934.JPG

続くはスパイシーなkabab & green chutneyとpotato bhajiと全てインド・スナック 笑。
DSC_0935.JPG


喜びの受賞者達。最優秀主演、助演女優、男優賞の面々。
25_actors_actresses_0023_v1_mt.jpg

Emma StoneのGivenchyドレスは繊細なレトロ感が美しく、Viola DavisのArmaniのドレスは色よりもデザインがとてもシャープでショートヘアに決めた彼女に相応しい出で立ち。女優達のドレスを観るのも楽しみなショーなのです。
受賞スピーチではトランプ大統領の移民政策に反するもの、白人以外の人々の声等、政治批判を込めている人も多くみられたのも今年の特徴。

何はともあれ皆さん、おめでとうございました~。

Nutcracker [Entertainment]

DSC_0854.JPG


クリスマス・イブの夜にくるみ割り人形をもらった少女クララ。皆が寝静まった夜中12時から始まる夢の世界。
何度見ても楽しいバレエ、Nutcracker、今日はRoyal Winnipeg Balletの公演に出かけました。開演前、休憩時に観客にアンケートを伺う、というボランティアで舞台をしっかりと見ることができるのです。

家の前でアイスホッケーを楽しむ場面から始まるカナディアンらしい演出のくるみ割り、熊の着ぐるみのダンサーやトナカイ、子熊たち等々小さな子供達も沢山登場し、家族連れの多い観客を飽きさせません。子供向けに特別なのか、今日はポップコーンが販売されていて、映画館のように客席でも食べながら見ている人々がいました。これもカナディアンならでは、なのかな。

Royal Winnipeg Balletは日本人ダンサーはもとより、アジア系の人々も活躍しています。「ロシアの踊り」(トレパークの音楽が有名ですね)を踊った日本人ダンサーが素晴らしかったです。

Hermes at Work [Entertainment]

DSC_0714.JPG


老舗Hermesの職人達の技を目の前で見ることができるイベント、Hermes at Work。体育会系のバンクーバーでは珍しいアートイベントなので早速行ってみました。

時計職人、皮職人、宝石職人等々各テーブルで実際にその技を披露しているのです。シルクスカーフCarresの縁を丁寧に手縫いしている彼女。えっ、手縫いだったの 知らなかった。
DSC_0708.JPG


実際使われている皮の展示もあり、手に触れてみると抱きしめたくなるような柔らかさ。
DSC_0713.JPG

DSC_0711.JPG


彼女はまさに目が点になりそうな絵柄をお皿に点描していました。日本人のようです。お疲れさま。
DSC_0712.JPG


カナディアンはもちろんのこと、お金持ちチャイニーズが多く見学していました。中にはビデオ撮影している人もいて、相変わらずのマナーの違いには呆れるどころか笑ってしまいますね。

量産ではなく、最高質の品物を時間をかけて提供するという姿勢を続けるのは難しいことでしょう。だからこそブランドの価値があるのです。値段も高くなること、納得です。

Bard on the Beach [Entertainment]

DSC_0663.JPG


バンクーバーの夏の楽しみのひとつ、Bard on the Beach。2016年はThe Merry Wives of Widowを観に行ってきました。
wives-page.jpg


舞台は1968年のオンタリオ州Windsorに移し、オールディーズの曲が要所要所に抑えられた心憎い演出。テント式の小ぢんまりとした客席とステージが一体となって、手拍子、口笛、と大盛り上がり。
こんなに楽しいシェークスピア劇ってあったの? ダーリンと共に思いっきり楽しんできました。

月曜の朝、オフィスの同僚に「Bard on the Beachに行ったよ~」と言うと
「何観たの?」
「Merry wives of Windsor!」
「Me, too!!!! That was really nice show!!」
とまたまた朝から盛り上がってしまったのでした。

小さな街の夏の楽しみは皆似ているのです。

Go Michelle, Go! [Entertainment]



Adele, Jennifer Lopez等の歌手達が車に乗り込み、ノリノリでカラオケを楽しむCarpool Karaoke.
今日アップされていたのは何とMs. Obama.
「Stevie Wonderは全部歌えるわ~」とホワイトハウス敷地内をドライブしながら楽しむ彼女。ノリの良さはもちろんのこと、リラックスした表情に帰宅途中の電車も楽しい空間になりました。

ハーバード大学卒の弁護士であるMichelle。ファースト・レディとしてLet's move, Let Girls Learn等のプロジェクトに携わり、人々、特に次世代につなぐコミュニティに貢献してきました。
聡明さと人々に対して気さくな両面を持つMichelle. 大統領選後の2017年以降はどのような活動をしていくのでしょう。同世代女性として心よりエールを贈ります。

Bollywood Street Party [Entertainment]

DSC_0544.JPG

ベーシストのダーリン友人がとあるイベントで演奏するというのでインドな友人を誘って出かけました。Bollywood Street Partyといわくつきのイベントはチケット30ドルのうち25ドルが動物シェルターに寄付されるというチャリティー・イベント。場所はNew Westminster市のコミュニティ・センター。カラフルなインド風の布や小物を使って殺風景な部屋も楽しく様変わり。主催者含むカナディアンの参加者達も皆サリーやインドの民族衣装を身に着けとても華やか。

無料でヘナアートが受けられるので早速並んでみました。まずは友人から。
DSC_0541.JPG

あっという間に描かれた美しい模様。所要時間はたった5分!
DSC_0543.JPG

続いて私。全く違う模様が瞬く間に描かれていきます。すごい! ヘナ・ペーストは乾くと自然にポロポロと落ち、その後はブラウンの染料が肌に数日残るのです。ケアがよければ10-15日だそう。よし、頑張ろう 笑
DSC_0542.JPG


インド・ムンバイの路上で売られているサモサ等の揚げ物系スナックが配布され、いよいよバンドの登場。普段はオールディーズも演奏するバンドもこの日はBollywoodがテーマなので全てインディアン。
途中警備で訪れた市職員がステージに駆り出されたかと思いきや、ゲストで訪れた市長もダンス!
DSC_0549.JPG

続くは主催者と共に働く人々もダンス、ダンス! 輪になって楽しく踊るカナディアンを初めて見ました。新鮮な感動♪ 楽しみながらチャリティに参加できるという二重のHappy Timeでした。
前の10件 | - Entertainment ブログトップ