So-net無料ブログ作成
検索選択

Happy International Women's Day [Others]

2792.jpg

International Women's Day. 男女同権、同賃金等をテーマに世界各地でイベントが行われる日。今年のテーマはWomen in the Changing World of Work- 女性を活用した経済活性化を目指すというもの。
移民の多いバンクーバーでは男女同権よりも人種やカルチャー、そして歴史的に差別を受けてきたFirst nations (先住民)の女性達の立場を整えるべきでしょう。

カナダ首相夫人が先日SNSに発表したコメント。
This week, as we mark International Women's Day, let's celebrate the boys and men in our lives who encourage us to be who we truly are, who treat girls & women with respect, and who aren't afraid to speak up in front of others

今週のInternational Women's Dayに向けて、私達を勇気づけてくれる男性達を祝福しましょう。手をつないで共に声明を発表していきましょう。
17155921_1803017733284500_3279762465716205968_n.jpg

これに賛同するか反論するか、アナタのコメントは? 
共に声明を、というより見つめ合う2人、絵になるのよね、彼等。

Happy Valentine's Day [Others]

images (1).jpeg


今日はValentine's Day. オフィスに着くや否や隣の席の同僚Judyから
「Happy Valentine's Day!! I love you!」と声をかけられました。

カナダでは男女だけでなく、家族や友人達ともHappy Valentine's Day!と祝います。
別の同僚は朝起きると6歳の娘さんから「Mom, Happy Valentine's Dayと言われたのよ~」と満面の笑み。街中では花束を抱えた男性や一輪のバラを手にした女性達が通り過ぎていきます。

さて、巷のマーケティング商戦にはビクともしないダーリン、何も用意していませんでした~ 笑。

Spread your love, Happy Valentine's Day!

Texting fights [Others]

DSC_0871.JPG


週4日我が家でくつろいでいたSammy君、もう来ることはありません。

というのも3週間前に飼主とダーリンとの間でミスコミュニケーションが発生。仕事に追われて彼女からのテキストメッセージに直ぐに返信しなかったダーリン、といってもほんの数分間の出来事。
更に追い打ちをかける彼女からのメッセージ
「で、明日は9時にSammyを連れていくけれどOKかしら?」
「どうして返事がないの? ちょっと無礼よじゃない?Sammyを預かりたくないのならそう言ってよ」

無礼、You are rude. と言われたダーリン、流石に黙っていません。彼もテキストで反撃。直接話せば誤解が溶けるであろうに、ところが言葉の戦いは止まりません。数件やり取りの後の彼女からの最後のメッセージ
「私の人生にXXXな人は要らないわ!」
「OK. BYE」

感情的な彼女、無償でSammyを預かっていた隣人を失いましたよ。週末も含めて毎日朝9時から夜8時過ぎまで仕事で外出の飼主の元で暮らすSammy君、幸せは何処に?

Happy Birthday, Darling! [Others]

DSC_2664-1.jpg


ダーリンの誕生日は毎年Chinese New Yearの時期。彼の名前Charlieに因んで「Charlie's New Year」と称して友人達を招きました。治りかけの風邪にムチ打っての対応です。掃除はダーリンに任せ、私は料理担当。体調が今ひとつだと集中力に欠け、手際も悪い。友人たちが到着する前にアタフタと全て完了。
Chinese New Yearと言えば、幸福を意味する赤やゴールドのデコレーション。なのでドレスコードはRed & Gold。オメデタ度、倍増です。
DSC_2649-1.jpg


この日のメニューはインド料理だけでなく色々取り混ぜて。
Pumpkin Shrimp(マッシュしたカボチャにスパイス、エビ、ココナツミルクを加えて)
Eggplant parmigiana
Cabbage rolls
Sliced beef with ginger and onions (近くのチャイニーズレストランより調達)
Potato chops (友人からの差し入れ。Thanks!)
Green salad & balsamic vinegar
Sorpotal (Goa料理。ポーク、レバーをスパイシーに煮込んだもの)
Rice with green peas
DSC_2655.JPG

宗教上ポークを食べられないゲストのために、Sorpotalはキッチン側スペースにて。
DSC_2663.JPG


3時間もあれば楽勝かな、とタカをくくっていた私、いつもの量の倍作るということを忘れてました。冷や汗もので何とか間に合って。Sorpotalは手間がかかるので週末より取り組み、日々煮込んで味を調えてきました。味見はダーリン担当ね。

インドな友人達のホームパーティーでは殆どインド料理のみ。今回は色々取り混ぜたのが新鮮だったらしく、とても簡単なロールキャベツが思いのほか人気でした。

そしてこの夜も大人気だったのがこちら、サントリーウィスキー「響」。カナダでも売られています。
DSC_0911 (1).JPG


友人達からはカードやギフトを頂き、大喜びのダーリン。
DSC_2674-1.jpg


そして私からは「これからも美味しい料理をよろしくね♪」の下心たっぷりカード。笑
DSC_0910 (1).JPG


楽しい夜をありがとう。
Happy Birthday, Darling! Thank you, Friends!

Kick the cold! [Others]

images (1).jpeg

少し寒気がするな、と感じた先週の木曜日。金曜朝は起きられずに仕事を休み、週末もダウン。そして月曜も。珍しく4日連続の風邪をひいてしまいました。未だ完全復帰ではないけれど少しずつ回復中。

この数日はコーヒーよりもお茶、ハーブティー、レモネード等が欲しくなり、シンプルに温かなお湯をカップに入れて飲む毎日。薬と自然療法の2本立てで闘っています 笑。

食べ物や飲み物で風邪に効くのは
ーチキンスープ
ーショウガ
ーはちみつ
ーニンニク

子供の頃、風邪の引き初めに飲まされたのはアツアツのお味噌汁にネギをたっぷり入れたものや、ちょっと苦手だったニンニクをたっぷり入れたスープでした。

インドのダーリン母は「喉の痛みにはターメリックとハニーを混ぜたのを舐めるといいわよ」と。
そうか、スパイスも登場

日本の母とインドの母の知恵を借りつつ風邪を撃退!

Welcome, New President [Others]

The time for empty talk is over. Now arrives the hour of action.

trump-inauguration.jpg


風邪をひいて仕事を休んでしまったので第45代米国大統領就任式をずーっとTVで見続けました。
昨日まで大統領、副大統領であったMr. Obama, Bidenに続きファーストレディとなったMs. Trump,そして最期にシンボルの赤いネクタイをなびかせながらTrump氏が登場。どんでん返しの選挙戦の結果、ついにこの日が来たのです。

「アメリカが再び勝利を得る時が来ました...机上の空論の時は終わり、行動に移す時が来たのです。アメリカを再び力強い国へ。アメリカを再び誇れるように。そしてアメリカを再度防御できるように。
そして皆でアメリカを再び偉大な国へ。We will make America great again.」

アメリカ、アメリカ...

司祭や他宗教のリーダー達が新大統領を祝福し祈りを捧げ、合唱隊は「God Bless America」を合唱。
これがアメリカという国、カルチャーなのです。カナダだったらどうだろう? 国歌以外にカナダを讃える歌があるのかな?

そしてパレードへ。各州からこの日のためにやってきた学生やマーチングバンドが続々と登場。それはかなりの数です。カナダの大学はどうだろう?とGoogleチェックしてみると...5バンドのみ 涙。

選挙戦よりTrumpファミリーは応援に駆け付け、メディアに多く登場。Trump家のビジネスを担う長男、次男、Trump大統領のシニアアドバイザーとなる夫と結婚した長女Ivanka、と蒼々たるメンバー。大富豪の家族達から出るオーラは一般庶民とは程遠いものがあります。
gettyimages-632249692_master.jpg


夜のパーティー、ファーストダンスは「My Way」に乗って。そうね、アナタはYour Wayだわ。
tm_9.jpg


いつもはキリっとコメントするCNNの女性コメンテーター、この日は彼等のドレス解説に大はしゃぎ。
「ファーストレディよりもIvankaのドレス! Ahh,まるでディズニーのプリンセスだわ!」

別コメントではファーストレディの就任式の服装をJackie O.の再来とこぎつけている人もいます。。スロベニア出身、元モデルのMelania Trump. さすが着こなしが違いますね。トランプタワーのペントハウスからホワイトハウスへ。その移動も全く問題なしという雰囲気です。シンプルなドレスがとても美しかったです。
170120220732-donald-and-melania-trump-first-dance-exlarge-169.jpg


新政権がアメリカだけでなく世界にどのような影響を及ぼしていくのか、注目です。

I'm baaack!! [Others]

DSC_0904 (1).JPG


「ちわ~。今日は寒いからちょっと着込んでみました~」

Sammy君、今週よりまたまた登場。約4週間ぶりの再会にダーリンも大喜び。いつのまにか私達の生活に溶け込んできていたのです。

「で、今日のディナーは?」
DSC_0905.JPG


熱い目線は私よりも食べ物に向けられて。笑。

Do something better than a resolution [Others]

images.png


年の初めにはNew Year's resolution 新年の決意と表して「xxxをする」「xxxをやめる」等々の目標を立てることが多いです。ジムに入会し、ヘルシーな食生活を、カフェインやアルコールは断ち、ボランティアに参加する...

そして3か月後、こなせた目標とこなせない目標のギャップに遭遇し、1つ1つが削られていく。そして翌年まで持ち越しという羽目に。

目標や決意の代わりにポジティブな変化を違った方法で試すのは? という記事をご紹介します。

1.4半期ごとにご褒美を。
ー読みたい本を持って旅に出る。日記に思いを綴るのもお勧め
ー1日たっぷりスパで過ごす(これは女性向けですね)

2.新たな事を始める代わりに一番過ごしたい人々との時を持つ
―月1回のディナー
―毎週のコーヒータイム
―週1,2回エキソサイズを一緒に
―週末の小旅行

3. 2016年をしっかりと振り返る
―キャンドルを灯し、ゆったりとした椅子に座り想いを綴る
―友人達とゆっくりとディナーを楽しむ
―2016年の思い出となるお気に入りの音楽を選び、ゆっくりと浸る

4.感謝の気持ちを示す
新年の幕開けは感謝とともに。健康に、幸せに、平和に...感謝。伝えたい家族や友人達をリストアップし、感謝の気持ちを言葉でーカード、メール、手紙などで伝える。

5.自分自身を認める
新しいことにチャレンジする代わりに今の自分自身を見つめる。
ー自身の好きなところ、2016年に成し遂げたことをリストアップ
ー自分自身にメッセージを書く

Yes, I am enough.

Bonne Annee [Others]

DSC_0900.JPG


Bonne Annee!!!

すっきりと晴れ上がった2017年の幕開けは雪景色。全てを一新しそうな予感です。

昨日は大雪の中、友人達とパーティーに出かけカウントダウンしてきました。
DSC_2629-1.jpg


友人達や家族から届いたクリスマスメッセージの中に「2017年も良い年にしましょう」というのがあり、そうか、自分次第なんだな、と心にピンときました。

元気に、そして良い年にしましょう。

Advent [Others]

DSC_0800.JPG

クリスマスの4週間前の日曜日、Advent.この日よりキリスト教徒の新年が始まります。新たな気持ちでJesusの到来を待つ。クリスマスはお祭り騒ぎではなく、Jesusの誕生日なのです。
日本では家族を亡くした人々は喪に服し、新年を祝うことはないけれど、大切な方々を亡くした人にとってもクリスマスはやってくるのです。

街角で見つけたSantaへのポスト。アナタの叶えたい想いを投函してください。