So-net無料ブログ作成
検索選択

2017 Tokyo (5) [2017Tokyo]

P1040113.JPG

六本木近辺の夜桜パトロール。まずはミッドタウンから。ピンクの光にライトアップされています。
夜桜、日本ならではのお楽しみ。

P1040119-1.jpg


撮影大会。
P1040120.JPG


こちらはアークヒルズ周辺。普通の通りなのでとても静か。ライトも自然の色合いでいつまでも眺めていたい美しさ。
P1040125.JPG


P1040128.JPG


Gift of God.

2017 Tokyo (4) [2017Tokyo]

P1040108.JPG


日本人としては世界的活躍をし続ける草間彌生展を見てもいいかな、と思っていたのですが
「メイクのきつい樹木希林かと思った」というお茶目な友人が進めてきたのはミュシャ展。では行ってみましょう。

美術館前の木々が草間ヴァージョンでお出迎え 笑。
P1040109.JPG


ミュシャといえば、妖精のような優しい女性を描いたアール・ヌーヴォー作品のイメージがあるけれど、今回のメインは彼が50歳で故郷チェコスロバキアに戻り、16年間をかけて捧げられたスラヴ叙情詩。最大サイズは6m x 8mでそれは圧巻。2作品だけ撮影許可がありましたが、大きすぎてその美しさがカメラに収めきれません。
DSC_0984 (1).JPG

祈りと母国愛に満たされた作品はベールがかかっているような色合いの中から、静かながらも心の底から湧き上がるエネルギーが伝わってきます。実物の美しさを写真で伝えるのはとても難しいですが。
DSC_0985 (1).JPG


とても充実した時間でした。行ってよかった~。

ミュシャ展
国立新美術館にて6月5日まで

2017 Tokyo (3) [2017Tokyo]

P1040093-1.jpg

午後の友人との約束時間まで時間があったので、ゆるりと東京を楽しむことにしました。緑を求めに明治神宮へ。ここへ来るのは何十年ぶりでしょう! 小学生の頃菖蒲園に写生に来たのを思い出しました。

明治神宮は明治天皇と昭憲皇太后を祭神とする神社。鎮守の森の緑が豊かな都会のオアシスなのです。
全国各地より奉納された酒。
P1040094.JPG


その向かいには何とブルゴーニュ地方のワインが奉納されていました。後で調べてみると明治天皇は洋食も好んで食されたとか。ワインも楽しまれたのでしょう。
P1040096-1.jpg


P1040098-1.jpg

残念ながら本殿は只今改修中。2020年に鎮座100周年を迎えるとのこと。オリンピックの開催に間に合えば海外からの人々もより多く訪れることでしょう。
P1040102.JPG


P1040101.JPG

1867年に御年16歳で明治天皇が即位されてから今年で150年。
因みにカナダは今年建国150周年です。若い国なのです。

2017 Tokyo (2) [2017Tokyo]

DSC_0981 (2).JPG


今回は5泊6日の駆け足旅。Vancouverから東京までのフライトは約9.5時間。出発が午後1時30分のため、眠気もなく、調子に乗って映画を3本立て続けに楽しんでしまいました。

ホテルに到着し、ホッと一杯。コンビニで気軽にビールを買える東京ならではのくつろぎ方。

翌朝は近くを散策。サクラが溢れる道に思わずうわぁ、と歓声を上げながらシャッターを。
P1040087.JPG


事前に調べていたホテル近くのカフェで朝食を。テラス席で桜並木を眺めながらの豪華版。冷たい風も何のその、と座っていたら「ブランケットをどうぞ♪」とサービスされました。流石ニッポン。
P1040089.JPG


朝9時前というのにご近所ではなさそうな人々が次々とやってきます。どうやらサクラ目当てのよう。日本人って本当にサクラが好きですね。
日が差してきたので、そろそろ出かけましょうか。
P1040091.JPG

2017 Tokyo (1) [2017Tokyo]

P1040082.JPG


Easterの休日を利用して日本へ行ってきました。Easterは毎年日程が変更するけれど3月から4月にかけて。東京のサクラ達が迎えてくれました。

Spring is coming [Vancouver Life]

DSC_0976.JPG


徐々に気温も上がってきたバンクーバーですが、雨もぶり返し、ダウンコートに身を包んでいる人も。
サクラ達も咲きたいのに待ち状態というところ。それでも確実に春はやってきています。

バスに乗っていると桜並木が続く通りをいくつか見かけるのですが、走行途中で降りられず車窓から楽しんでいます。ダウンタウンではビルの谷間で発見。
DSC_0978.JPG


別の場所でサクラを楽しみに出かけます。まだ咲いているのかな?

Dim Sum lunch [Food & wine]

DSC_0983.JPG


今年の冬は雪が多く、外出もままならない週末が続いてしまったので友達とのランチも昨年以来。飲茶を食べに出かけました。

中国系人口の多い地域Richmondのレストランは週末に飲茶を楽しむ人々で激混みという噂さを聞き、予約したのはKirin Restaurant.スカイトレイン駅より徒歩3分という便利な場所。

まずは海老のすり身を湯葉で巻き、揚げたもの。ジューシーな中身と香ばしく揚がった皮との絶妙コンビ。緊急入院して4日前に退院したばかりという驚異的な回復力のお友達とのおしゃべりも弾み、すっかり写真を撮り忘れた私達。
数皿スキップして続くは蓮の葉に包まれたちまき。柔らかく仕上がったもち米と豚肉の相性もピッタリ。
DSC_0984.JPG


飲茶は多人数でワイワイと食べるのが楽しいですね。また行こうね♪

Kirin Restaurant
201 City Square
555 West 12th Avenue
Vancouver

Hot cross bun [Food & wine]

DSC_0982.JPG


レーズン、ドライフルーツ、シナモン等のスパイスを混ぜ、表面にクロスを模ったHot cross bun。
Ash WednesdayからPalm Sundayまでの時期、乳製品を食さない習慣であるキリスト教徒達はこのパンをAsh Wednesdayの前夜からGood Fridayの日中に食べる習慣があります。

14世紀にイギリス、St. Albansの修行僧がAlban BunとしてGood Fridayに地元の貧しい人々に配ったのが始まりのこのパンは色々な意味が込められ、一切れのパンは病を治し、船旅に出る人には航海中の船酔いから守り、キッチンに掲げておけば火災から守られるという伝えがあります。

今日はキリストがエルサレムに入城したPalm Sunday。いよいよ聖週間の始まりです。

Practice, practice [Body & Mind]

DSC_0981.JPG


バンクーバーにはヨガスタジオが数多くあるのですが、インストラクター達は1か所だけでなく、掛け持ちで別のスタジオでもレッスンをしているのが普通のようです。更に個人的に瞑想やアーユルベーダも兼ねたセッション、リゾート地でのレッスン等バラエティに富んだマーケティング。見てください、この掲示板!

日々OM....と修行に励むのはいいけれど、実際問題レッスンだけで生活をしていくのは生活費の高いバンクーバーではかなり難しいこと。教える技術を常にブラッシュアップし、生徒数を減らさないことが各スタジオのミッションと思うけれど、最近進出してきたフランチャイズのジムと対抗するには柔軟なビジネス戦略が必要でしょう。

一方、通う生徒としては、料金、ロケーション、設備、レッスン内容、インストラクターとの相性等が重要な要素。一番大事なのは、毎月払うことができる料金であること。

双方が合ったところで互いにハッピーにom....と唱えられることを願って。

2017 Sakura [Vancouver Life]

DSC_0972.JPG


ぽっかりと浮かんだ雲に誘われて、サクラを探しにランチタイムに出かけてみました。
これは五分咲きってところかな。
DSC_0971.JPG


しばらく歩くと細いけれど、しっかり咲き始めている木々を発見。ああ、と嬉しくなってきました。
DSC_0974.JPG


バンクーバーのCherry Blossom Festivalでは、俳句コンテストや日本文化を混ぜた催し、ピクニック等が予定されています。何と地図つき開花予想もあり。桜の種類と住所まで明確に示されているのにはビックリ。

DSC_0975.JPG

サクラを見ると嬉しくなるのは日本人だからでしょうね。今年も春の到来を楽しみたいと思います。