So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

Craft cranes [Others]

DSC_1982.JPG


お見舞いや幸福を祈って贈る千羽鶴。何とカナダでも日本のカルチャーが広がって子供達が白血病患者に送ったというニュースに思わず笑みが広がりました。

海外にも広まっている「おりがみ」。英語解説本ではマニアックな作品も多く展示されています。
その昔紅白の折り紙で卒業する先輩達に贈ったことを思い出しました。カナディアンの子供達には難易度高いかな? いえいえ、きっと柔軟な年代だもの、キレイに折れたことでしょう。
nice!(0)  コメント(0) 

My first Messiah concert [Music]

DSC_1985 (1).JPG

「初めてMessiahを歌ったのは56年前、オーストラリアでね」というベテラン団員もいる中での初参加。今回のホールは何と我家から車で約15分の場所。初めて足を運びました。

当日のリハーサルで初めて共演する小編成のオーケストラは切れの良い軽やかなサウンド。何と言ってもトランペットが素晴らしい。バロック音楽にしっかり溶け込んだまろやかな音色に歌そっちのけで耳が集中してしまいます。そしてソリスト達の素晴らしさ。特にアルトの音域を美しく歌い上げるカウンターテナーに皆騒然。

リハーサル終了後から本番まで約2時間半あるのでポットラックパーティーが開かれました。オードブル、スナック、ディップ、フルーツ、サンドウィッチ等々が次々と並び皆楽しく集まって。いつのまにかワインもテーブルに置いてあったのにはびっくり。流石カナディアンです。

そしていよいよ本番。休憩をはさんで約2時間の長い演奏時間なので肩の力を抜いて楽しんで
ダウンタウンではない郊外での集客はどうなるかと危ぶまれていたけれど、見渡すと80%位の会場。これは嬉しい。
リハーサルではおしゃべりもあり、ざわついていた団員達も本番のステージではプロ並みの集中度。
歌いづらい箇所を集中してこなして、最後の曲へ。ところがエネルギーが切れてしまったのか最後の最後で数か所落としてしまいました。

むむむ、初メサイアは85%の仕上がりになってしまいました 涙。
来週はカジュアルなコンサートで再演するのでリベンジだわっ。
nice!(0)  コメント(4) 

Messiah [Music]

DSC_1731.JPG


1741年にヘンデルが24日間で書き上げた「Messiah」。250年以上経た現在でも多く演奏されています。クラシック音楽の醍醐味は時を超えて継がれていくこと。指揮者の解釈の違い、異なる演奏者によって音楽は自由に変化していくのです。

メサイアと言えばハレルヤコーラスが有名ですね。クリスマスには特に関連なしとWikipediaには書かれているけれど、メサイアー救世主の誕生、復活と聖書に基づいた歌詞なので12月に演奏されることに納得です。

いよいよコンサートが明日に迫ってきました。楽しいけれど難しい! 家で練習していると「何?ヒンドゥー音楽?」とダーリンに言われてしまいました。細かいフレーズで転がす雰囲気が似ているといえばそうかも 笑。
DSC_1986.JPG

nice!(0)  コメント(0) 

Finding Christmas in town [Vancouver Life]

DSC_1976.JPG


ダウンタウン街中のクリスマスツリー。先日は暗くて感度が今ひとつだったので再度挑戦。人のサイズと比べるとかなり大きいことが分かるでしょう。

用事を済ませて気づくと日がすっかり落ちていました。黄昏時のダウンタウン。赤いサンタ帽被ったようなライトアップも楽しい季節です。
DSC_1978.JPG

nice!(0)  コメント(0) 

Next Year In Havana [Books]

0399586687 (1).jpg


珍しくラブストーリーにはまってました。

キューバの上流階級に生まれ育ったElisaは革命後アメリカ・マイアミに一家で移住。カストロがいなくなったら戻る、と皆誓っていたものの、再訪することなく病に落ちてしまう。
キューバの話を事あるごとに聞かされて育った孫娘MarisolはElisaの遺言により灰をキューバの空に葬るために旅立つ。

初めてのキューバ。アメリカで不自由なく育ったMarisolにとって何もかもが新鮮。Elisaの親友の孫に惹かれていくMarisol。

ある日Elisaの親友に預けられた小箱から出てきたものは古い手紙ときらめく指輪。その手紙から封じられたElisaの過去が紐解かれていく...

単なるラブストーリーではなくキューバ革命という激動期を生き抜いた人々の証言、そして移住することなくキューバに残った人々の厳しい現実。それでもわが祖国、と言い切る人々。時代背景がElisaとMarisolの恋物語を通して綴られていきます。

Next Year in Havana
アメリカに移住したキューバ出身者が再訪への願いを込めて言うフレーズなのだそうです。
nice!(0)  コメント(0) 

Advent [Music]

Thumb-christmasbachchoir-2018.jpg


クリスマスイブの4週間前の日曜日、Advent.今日から教会の1年が始まります。
ダウンタウンではクリスマス・パレード、そして私達は1年生から70歳+?の全メンバーによるクリスマスコンサート。

一番小さな子供達グループは歌というより、叫んでる?という声もあったけれど、年長グループになるにつれてハーモニーもまとまり、ティーンエージャーグループはアカペラで素晴らしい演奏。
真面目に音楽を楽しんでいるティーンエージャー達の歌声に、この子達はドラッグ等に溺れないで真っ直ぐに育って欲しいな、等と母親気分になったり。

私達大人グループはステージの一番高い位置に座っていたので、子供グループの指揮者達の豊かな表情とエネルギーを頂いてしまいました。

合唱団の家族や友人達でほぼ満席のホール、最後は「Have yourself a Merry Little Christmas」を客席も含めて大合唱。

クリスマス・スピリットに溢れた1日でした。
nice!(0)  コメント(2) 

Lights in town [Vancouver Life]

DSC_1970.JPG

観光客がショッピングを楽しむダウンタウンの中心で突然見つけたツリー。こんな場所に設置されるとは嬉しい驚き。感度がいまいち写真ですが、雰囲気だけでも。

バンクーバーでのクリスマスイルミネーションも年を経ることに少しずつ変化しているようです。
今年はどんな灯りに出会えるでしょうか。

11月もほぼ終わり。あと数日で12月に突入です。早い!
nice!(0)  コメント(0) 

Just relax [Body & Mind]

download.png


週末は大人しく過ごしたので体調もほぼ完全復帰。早速仕事帰りにヨガレッスンに行ってきました。
いつもはゆったりとした流れのレッスンのCathy,今日は腕立て、写真のような立ちポーズを次々とこなし、暗い雨を打ち消すかのような充実さ。

Don't judge.
Don't ask.
Don't demand.
Just relax, then you will find.

ポーズをとりながらあれこれと浮かんでくる雑念を振り払って、Cathyの言うがままに。
リラックスすれば見えてくるものがある。

そうかもしれない。

Thank you my body.
nice!(0)  コメント(0) 

RBG [Movies]

rbg.jpg


1993年より米国最高裁判事を務めるRuth Bader Ginsburgのドキュメンタリー「RBG」。近年のセクハラやパワハラに声を上げる男女同権を求めるMe Too運動に伴ってFacebookが作成され、彼女にまつわる本も出版、コメディにも取り上げられる等ちょっとしたブームを巻き起こしているのです。

Ruthがハーバード ロースクールに入学した1956年、500人の学生のうち女性はわずか9名。その後ニューヨークで職を得た夫と共に移動し、コロンビア ロースクールにて学位を得ます。
その後男女同権を求める様々なケースを着実に対処していきます。興味深かったのは女性側だけでなく、妻を出産時に亡くした男性が母親だけに与えられる福利を得られないというケース。同権とは双方共に同等であるということなのです。

大声でアグレッシブに叫ぶのではなく、古くからの同僚や友人達が語るように彼女はとても物静かな女性。大柄な判事が並ぶ中で一際小柄な女性がRuth.

85歳現役の彼女は週3回のパーソナルトレーニングをこなし、精力的に仕事をこなしています。
「引退を考えたことがありますか?」の質問に「その時が来たら」としっかりと答える彼女。
ペンは剣よりも強し。静かな声で語り続けることが真の権利を得るという事を彼女は教えてくれます。
nice!(0)  コメント(2) 

Black Friday in Canada [Others]

download (1).jpg


アメリカのThanksgiving Dayの翌日は一大セールの日Black Friday. カナダでも便乗してセール日。
軽くて暖かいコートが安くなっているかな? と軽いノリでショッピングモールに出かけてみると...
既に3、4つショッピングバッグを手にする人々で大賑わい。普段は人通りはあっても実際に買い物している人は少ないモールでも皆手に手に戦利品を抱えています。

平均価格約900ドルもするCanada Gooseは入場制限をしていました。凄い!
女子達に人気の店のコートも約半額になっていたので早速試着。ところが余りにも重い。ネットショッピングで衣類購入だなんてあり得ませんね。素材や着心地を実際に確かめてみたいから。

結局何も買わずに家に帰ることに。高級ブティックのショッピングバックを抱えたチャイニーズの人々がスカイトレイン内でも大賑わい。彼等は皆別のショッピングモール隣接駅で降りていきました。

リッチなチャイニーズが多い場所なのです、バンクーバー。
nice!(0)  コメント(2) 
前の10件 | -